最高速度315キロ! 「ウルス」を軽くブッちぎるABT「RS Q8-R」が誕生!!

VWとアウディのチューニング・メーカーとして名を馳せているABTスポーツラインは、2021年に創業125周年を迎える。そのため現在、125台限定のコンプリートカーを続々とリリースしているが、ついに「Q8」をベースとした「RS Q8-R」が誕生した。

ABT創業125周年を記念した125台限定コンプリートカー

 ドイツのケンプテンをベースに、VW &アウディ・グループに属する各ブランドのチューニング・メーカーとして世界的に有名なABTスポーツライン。

 彼らの活躍はまた、モータースポーツの舞台でもファンの目を楽しませてくれるが、その歴史は非常に長く、そもそもの前身であるヨハン・アブト(Johann Abt)社の創立にまでさかのぼるのなら、2021年は創立125周年という記念すべきアニバーサリー・イヤーとなる。

 ちなみにヨハン・アブト社が最初におこなっていた事業=チューニングは、馬の蹄鉄の製作や修理で、多くのカスタマーから好評を博していたという。

ABT最新のエアロパーツをまとった「RS Q8-R」は、押し出し感も十分。スーパースポーツSUVの雰囲気を醸し出している

 創立125周年を祝するために、ABTスポーツラインは2020年に生産台数を125台に限定した、アウディ・ベースのコンプリートカーを続々と誕生させている。

 たとえば「RS7」をベースとする「RS7-R」、ワゴンボディ(アバント)の「RS6」がベースとなる「RS6-R」、そして今回発表された最新作が、「Q8」を素材とした「RS Q8-R」だ。

 もちろんこれからも、ABTスポーツラインは何かの究極モデルのプランを用意しているのかもしれないが、発表されるとしても、アニバーサリー・イヤーである2021年になってからの話になるだろう。

 日本でもファンの多いABTスポーツラインだが、今回発表されたRS Q8-Rを見ても、その理由はよくわかる。まず独自のエアロパーツが支持されているのである。

 そもそもエッジの効いた、シャープなエクステリア・デザインを採用したQ8だが、それはABTスポーツラインによる独自のエアロパーツによって、さらにスポーツモデルとしての凄みを増していることが分かる。

Gallery:【画像】押し出し感十分! ウルスより速い「RS Q8-R」とは?(17枚)