アメリカの誇り 新旧フォード「GT」は期待を裏切らない9000万円!!

21世紀にフォードが本気で作ったスーパスポーツ「GT」の新旧2台が、オークションで落札された。2005年式と2017年式のフォードGTは、どのようなクルマでどれくらいで落札されたのだろうか。

フォード100周年を記念したスーパースポーツ、フォード「GT」

 フォードが創立100周年を迎えた2005年、それを記念する魅力的なスーパースポーツが誕生した。かつてル・マン24時間レースで、宿敵であるフェラーリを抑え、1-2-3フィニッシュを飾ったフォード「GT40」。そのレトロなスタイルを現代に復活させたフォード「GT」がそれだ。

 このフォードGTは2005年と2006年の2年間に限定して生産されたが、それからさらに10年を経過した2015年、フォードGTはより魅力的な新型へと生まれ変わる。2017年から生産を開始した2代目GTの登場だ。

 この両モデルは、いずれもアメリカの、いや世界のフォード・ファンにとっては究極のコレクターズ・アイテムともいえる。その2台が前後して、「オープンロード・ノースアメリカ」、「シフト・モントレー」という、RMサザビーズのオークションに登場。その落札価格には大いに注目が集まった。

●2005 フォード「GT」

2005年式フォード「GT」は、29万1500ドル(邦貨換算約3080万円)で落札(C)2020 Courtesy of RM Sotheby’s

 まずはGT40を容易に連想させるレトロスタイルの初代GTの概要から解説を始めよう。

 この初代GTが2005年と2006年の2年間のみに生産されたことは前でも触れたが、フォードと密接な関係にある、サリーンに委ねられた生産は、最終的には4033台を数えるに至った。

 リアミッドに搭載されるエンジンは、5.4リッターV型8気筒といかにもアメリカ車らしい仕様で、これに6速MTを組み合わせることで、0−60マイル(約96km/h)を3.3秒で加速。また最高速は205マイル(約328km/h)を記録したという。これはもちろん、当時のスーパースポーツの第一線に並ぶパフォーマンスといえるだろう。

 まだ新車時の輝きを残すボディカラーは、100周年記念のホワイトで、ブルーのストライプがボディの前後を貫く。

 鮮やかなレッドに塗装済みのブレーキキャリパーや、鍛造アルミニウム製のホイール、マッキントッシュのオーディオなどは、当時オプション設定されていたものだ。

 これらをすべて装備するほか、新車時からのメンテナンス・ノートやオーナーズマニュアル、ボディカバー、消火器等々が、すべて揃っているのも、新しいオーナーには嬉しい。

 そしてさらに大きな魅力は、このGTは新車時からワンオーナーで、わずかに1929マイル(約3086km)の走行距離を刻むのみのモデルであることだ。

 このあたりを高評価したRMサザビーズは、予想落札価格を28万5000−32万5000ドル(邦貨換算約3000万−3400万円)と設定。結果は29万1500ドル(同3080万円)での落札となった。初代GTの人気はまだまだ高い。

Gallery:【画像】新旧フォード「GT」を見比べてみる!(19枚)