未来の名車当確! ガルウイングが新鮮「SLS AMG」は、いまこそ手に入れたい

メルセデス・ベンツ「300SL」をリスペクトしてガルウイングが採用された「SLS AMG」とはどのようなクルマだったのか、最新オークションに出品された2台のSLS AMGの落札状況を比べながら紐解いてみよう。

これから人気が高まる予感しかない「SLS AMG」は、今が狙い目!?

 2020年夏、オンラインで開催されたRMサザビーズの「オープン・ロード・ノースアメリカ」、そして「シフト・モントレー」の両オークションに、AMGによって独自に開発された「SLS AMG」が出品された。

 ちなみに前者に出品されたのは4万6300マイル(約7万4000km)を走行した2012年モデルのSLS AMG、一方後者に姿を現したのは、究極のSLS AMGともいえる2014年モデルの「SLS AMGブラックシリーズ」で、3人のオーナーのもとを経ていながら、走行距離はわずかに2300マイル(約3680km)と、ほとんど走行していない状態の個体だ。

●AMGが独自開発した「SLS AMG」とは

AMGが手掛けたメルセデス・ベンツ「SLS AMG」は、「300SL」の正統な後継車として、コレクションモデルになるはずだ

 まずはSLS AMGとはどのようなモデルであったのかを簡単に解説しておこう。

 SLS AMGが正式に発表されたのは、2009年秋に開催されたIAA=フランクフルトショーでのことであった。

 すでにメルセデス・ベンツの100%子会社となり、それ以前にはメルセデス・ベンツ、そしてイギリスのマクラーレンとともに、「SLRマクラーレン」シリーズ生産の一翼を担っていたAMGだが、2006年にはすでに独自のスーパースポーツ、後のSLS AMGの開発プロジェクトがスタートしている。

 実際に誕生したSLS AMGは、あらゆる点で特徴的なエンジニアリングが施されたモデルだった。そのもっとも象徴的なものは、アルミニウム製スペースフレームの採用だ。

 安全性を確保するためにAピラーの一部にスチール素材を使用しているものの、それは重量にして全体のおよそ4%にすぎない。

 結果的に完成されたホワイトボディの重量は241kgという軽量なものだった。

 搭載エンジンはM159型と呼ばれる6.3リッターV型8気筒自然吸気エンジンで、最高出力は571ps。トランスミッションは7速のDCT(AMGスピードシフト)で、前後重量配分を最適化するためにリアに配置された。エンジンとの間を接続するのはカーボン製のトルクチューブだ。

Gallery:【画像】入手できるときに手に入れておきたい「SLS AMG」とは(19枚)