V8フェラーリが500万円台から フェラーリオーナーも夢ではない!

2020年の「オープンロード・ヨーロピアン・サマー・オークション」では、実に魅力的なリトル・フェラーリが出品された。落札価格も手頃な500万円台から。はじめてのフェラーリとして参考になる3台を紹介しよう。

跳ね馬の紋章を授かったV8モデル

 フェラーリ・オーナーの仲間入りをするために、クラッシック8気筒を探していたカスタマー予備軍にとって、2020年のRMサザビーズによる「オープンロード・ヨーロピアン・サマー・オークション」は、実に見どころの多いオークションだったに違いない。

 なにしろ1985年の「308クワトロバルボーレ」、1987年の「328GTB」、そして1992年の「348tb」という、ファースト・フェラーリとするには、コストパフォーマンスに優れたモデルが出品されていたからだ。さっそくその概要を紹介していくことにしよう。

●1985年式 フェラーリ「308GTBクワトロバルボーレ」

およそ590万円で落札された1985年式フェラーリ「308GTBクワトロバルボーレ」(C)2020 Courtesy of RM Sotheby’s

 ピニンファリーナによる優雅なボディを組み合わせた新型8気筒ベルリネッタ、「308GTB」がフェラーリから発表されたのは1975年、パリ・サロンでのことだった。

 デザインは、一見すれば「ディーノ246GT」のコンセプトをさらに進化させ、さらなる美しさを得たもののようにも感じられるが、それは紛れもない事実。

 だがその場に立ち会った多くのフェラーリ・ファンを興奮させたのは、フロントノーズに横長のディーノではなく、縦長のフェラーリのエンブレムが燦々と光り輝いていたことにほかならなかった。

 デビュー当初のディーノから、後にフェラーリへとブランドを変更した「308GT4」のセールスは、予想に反して低迷していたので、フェラーリにとって早期にフルモデルチェンジすることは必要不可欠な課題だった。

 ちなみに308の開発プロジェクトのスタートから、ショー・デビューまでの期間はわずかに1年。驚くべき速さで308GTBはデビューを飾ったのだ。

 308GTBはその後、1977年にはタルガトップの「GTS」が、また1980年には排出ガス規制の強化に伴いインジェクション化された「308GTBi/GTSi」となり、パワーダウンを余儀なくされるが、1982年には喜ばしいニュースが待っていた。搭載エンジンを4バルブ化した「308GTB/GTSクワトロバルボーレ」の誕生である。

 最高出力は、欧州仕様では240psにまで復活し、US仕様でも230psと発表された。前作308GTBi/GTSiの欧州仕様ですら214psだったのだから、クワトロヴァバルボーレが人気の一台になったのも当然だろう。

 RMサザビーズはオークション前に、この1985年式308GTBクワトロバルボーレの予想落札価格を5万−7万5000ユーロ(邦貨換算約630−940万円)と発表。

 ロッソ・コルサのボディーカラーにベージュのインテリアという、当時のフェラーリとしてはもっとも高価な仕様の308GTBクワトロバルボーレだが、スタート前には燃料漏れの持病があるという。その整備費用等も考慮した結果の落札価格は4万7300ユーロ(同590万円)だった。

Gallery:【画像】「308」から「328」「348」へと続くリトルフェラーリの系譜とは(25枚)