MTで遊び尽くせ! 復活したマニュアルモデル、ルノー「トゥインゴS」発売

ルノー・ジャポンは、新型「トゥインゴ」のラインナップに、5速MTを駆使してドライブを楽しめる「トゥインゴS」を新たに設定。2020年2月3日から販売しました。

リアエンジン・リアドライブを5速マニュアルで操る楽しさ

 ルノー・ジャポンは、新型「トゥインゴ」のラインナップに、5速マニュアルトランスミッションを駆使してドライブを楽しめる「トゥインゴS」を新たに設定。2020年2月3日から販売します。

ルノー「トゥインゴS」のシフトノブ

 トゥインゴは現行型で2代目。2016年7月に日本で発表されたモデルです。2019年8月にはマイナーチェンジがおこなわれ、新しいエクステリアデザインになっています。

 またマイナーチェンジにともない、新たにスマートフォンのミラーリング機能により7インチタッチスクリーンでスマホ内の各種機能にアクセスでき、SiriやGoogleアシスタントを利用した音声操作も可能なマルチメディア「EASY LINK(イージーリンク)」が搭載されました。

 今回登場するトゥインゴSは、マイナーチェンジ後の新型トゥインゴに設定された初めてのMT車。リアエンジン/リアドライブ(RR)でわずか950kgの軽い車体を5速MTを駆使して思いのままに走らせ、ドライブを楽しめるモデルとなります。

 車両価格は179万円(消費税込)。ボディカラーは5色を用意しています。

※ ※ ※

 マイナーチェンジ前にカタログモデルとして存在していた「トゥインゴ ゼンMT」グレードと同様、搭載エンジンは6速EDC(DCT)モデルとは異なり、1リッター自然吸気モデルになります。

「B4D」型と呼ばれる997cc直列3気筒自然吸気エンジンは、73馬力/95Nmを発生。WLTCモード燃費は19.3km/Lとなります。

 トゥインゴ6速EDCモデルに搭載されるエンジンは997cc直列3気筒エンジンはターボ付きとなり、92馬力/135Nmを発生、WLTCモード燃費は16.8km/Lです。

Gallery:5速マニュアルで使い切る楽しさ! 「トゥインゴS」を画像で見る(4枚)