シトロエン「C3 エアクロス SUV Cシリーズ シックエディション」登場! シックなカラーでドレスアップ

Groupe PSA Japanは2020年8月20日、人気のコンパクトSUV「C3 エアクロス SUV」に特別仕様車「C3 エアクロス SUV Cシリーズ シックエディション」を追加し、全国のシトロエン販売店で発売した。

より落ち着いた、シックなダークカラーを身にまとったコンパクトSUV

 Groupe PSA Japanは、人気のコンパクトSUV「C3 エアクロス SUV」に特別仕様車「C3 エアクロス SUV Cシリーズ シックエディション」を追加。2020年8月20日より、全国のシトロエン販売店での販売を開始した。

C3 エアクロス SUVの特別仕様車「C3 エアクロス SUV Cシリーズ シックエディション」

 シトロエン100周年を迎えた2019年の7月に日本でデビューを果たしたC3 エアクロス SUVは、昨今注目著しいBセグメントのコンパクトSUVとして、グローバル市場で大ヒット。日本でも同様に、人気を博している。

 欧州において累計25万台を超える好調なセールスは、SUVにおいてコンフォート性能という新たな価値をマーケットに提案し、そこにポップで個性的なスタイリングや色使い、高い安全性やモジュラーシートをはじめとするユーティリティが評価されたといえる。

 今回、日本市場に導入されるC3 エアクロス SUV Cシリーズ シックエディションは、昨年の100周年記念モデル「C3 エアクロス SUV Origins」につづくグローバルな特別仕様車だ。

 グリ プラチナムもしくはナチュラル ホワイトのモノトーンのボディカラーをベースに、あえてこのモデルの特徴であったリアクオーターのベネチアンストライプを廃し、ブラックのルーフとルーフレール、そしてマット塗装のディープレッドアクセントというカラーコーディネイションで、シックにまとめられた。

 インテリアも同様にダークグレーにディープレッドのアクセントを入れた、ざっくりとしたツイード調のシート素材を採用し、C-Seriesのタグが付けられる。さらにフロアマットなどにも、ダークレッドのステッチがあしらわれている。

 他にも特別仕様車の証としてドアミラー下フロントドアにはC-Seriesのバッジ、ドアステップにもC-Seriesのロゴのメタル装飾が加えられた。

 なお、内外装の意匠のみならず装備も充実しており、テップレザーダッシュボードや、Shineグレードではパッケージオプションを選択しないと装着されないグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)が標準装備となっている。

 また、純正装着タイヤは205/60R16のサマータイヤで、これは一般路での快適性、静粛性、燃費性能に配慮したものだ。

 ネーミングのC-SeriesのCは、101年目を迎えたシトロエン創立以来追求してきたComfort(コンフォート=快適)のCであり、同時にChicのCでもある。

 個性とシックな感性のカラーリングをまとった同モデルは、路上で、街でオーナーの日常をよりファッショナブルに彩ってくれるに違いない。

 C3 エアクロス SUV Cシリーズ シックエディションの価格(消費税込)は、288万円となっている。

Gallery:【画像】シックなカラーの特別仕様車「C3 エアクロス SUV Cシリーズ シックエディション」を見る(9枚)