2億1000万円に届かず!? ランボ「チェンテナリオ」が大苦戦中!

ランボルギーニの創始者フェルッチオ生誕100周年を記念して作られた「チェンテナリオ」。クーペとロードスターそれぞれ20台ずつの限定モデルのオークション落札価格は、新車当時のプライスを上回ることが出来るのだろうか?

フェルッチオ生誕100周年を祝った「チェンテナリオ」とは

 本来は、モントレー・カー・ウイークで賑わうはずの、8月半ばのカリフォルニア州モントレー。だが2020年の光景は、これまでとはまったく変わったものだったようだ。

 ペブルビーチ・コンクール・デレガンスに代表される、いわゆるビッグ・イベントは新型コロナ・ウイルスの影響で中止となり、そのほかのイベントに併催されるオークションも、オンラインによるものがほとんどとなった。例年とは異なる、静かな1週間がそこにはあった。

●世界限定40台のレアモデル

予想落札価格が2億1000万円−2億5000万円だった「チェンテナリオ・クーペ」。果たしていくらで落札されたのだろうか

 だがオークショネアの各社が用意した出品車は、これまで以上に興味を引かれるものばかりだった。

 例えばランボルギーニ「チェンテナリオ・クーペ」がそうだ。

 チェンテナリオは、ランボルギーニの創始者であるフェルッチオ・ランボルギーニの生誕100周年を祝して製作された。クーペが20台、オープン仕様のロードスターが20台という限定車である。

 2016年のIAA=フランクフルト・ショーで発表され、クーペがまず最初にお披露目された。

 最近では、多くのスーパースポーツやメーカーの限定車がそうであるように、このチェンテナリオもフランクフルトでの発表時には、クーペもロードスターも、すべてが完売していた。

 参考までに、この時に発表された価格は175万ユーロ(当時の邦貨換算で約2億2000万円)。いかに限定車とはいえ、それだけの高額車が瞬時にソールドアウトになるまでに成長を遂げたランボルギーニを、フェルッチオが生きていたとしたら、はたしてどう見ただろうか。

Gallery:【画像】「チェンテナリオ」のハンパない姿をチェック!(15枚)