VAGUE(ヴァーグ)

走行距離3万kmのアキュラNSX-Tの落札価格は?

 さて、今回紹介するNSXは、RM Sotheby’sのオークションに登場した北米仕様車アキュラ「NSX-T」である。

 2000年式で、その年の65台目とシリアルナンバーがサイドシルに刻まれたこのモデルは、モナコブルーのボディカラーと、ブラックレザーの内装である。

●左ハンドルの6速MTもあり?

  • 姿勢の良さを見れば、しっかりとメンテナンスされていることを容易にうかがい知ることが出来る2000年式アキュラ「NSX-T」

 2000年式ということは、型式はNA2。エンジンはC30A型を3.2リッター化したC32B型が搭載され、トランスミッションは6速MTとなっている。

 当時の日本での新車価格は、消費税別で960万円強であった。この個体は小傷こそあるが、ボディのアンダーコートも美しく、内装のヤレも少なく、ゴム系部品にも劣化が見られないという極上の状態。

 走行距離は1万8491マイル(約2万95800km)と少ない。これまで所有したオーナーは2名ということも含めて、落札価格は6万ドル−7万ドル(邦貨換算約635万円−740万円)と予想されていた。

 しかしいざオークションが始まってみると、最終落札価格は9万3000ドル(邦貨換算約985万円)まで跳ね上がっている。そこには、いま手に入れておかないと、出品車両ほど状態のいいNSXは2度と出てこないではないか、という心理が働いたのではないかと思われる。

 ただ、新車価格を考慮すると、この9万3000ドルという落札価格は、それほど高額でもないともいえる。これがもし、アキュラNSXではなく、新車登録から25年以上経過していたホンダNSXであった場合には、さらに高額な落札となった可能性がないわけではない。

 というのもアメリカでは、JDM(ジャパン・ドメスティック・マーケット)人気が続いているからだ。それまでは現地のエイジアン、あるいはチカーノの一部で人気だったJDMも、映画『ワイルドスピード』によってメジャーとなり、25年ルール(登録から25年以上前のクルマはクラシックカーとして扱われ、排ガス試験の免除などのほか、右ハンドルのままでアメリカ国内を走れる)が適用される「80スープラ」や「R32型スカイラインGT−R」、「S13シルビア」、「FD3S RX-7」などが高額で取り引きされている。

 そのため、この2000年式NSX−Tがもし日本国内仕様車(右ハンドル)だった場合には、25年ルールが適用される2025年まで所有していれば、大幅に価値が高まる可能性があったかもしれない。

 自分で運転して楽しむ、という人にとっては25年ルール以前の右ハンドルのクルマは、公には乗ることができないために価値が低くなるが、投機目的でクルマを買う人にとってJDMで程度のいいクルマは、狙い目となるのだ。

 乗るためにクルマを買うのか、あるいは投機目的でクルマを買うのか。そのどちらが正しいのか、という判断は無意味だ。間違いなくいえることは、販売後20年経った、極上のアキュラNSX-Tを、スポーツカーがなくなりつつあるいま、新車価格と同等の値段で買えるのなら、それは間違いなくありだ、ということだろう。

Gallery【画像】極上のアキュラ「NSX-T」ディテールチェック!(21枚)

page

RECOMMEND