アウディ人気のSUV新型「Q7」が日本上陸 V6モデルは48Vマイルドハイブリッド採用

アウディジャパンは2020年8月18日、アウディのプレミアムSUV「Q7」をマイナーチェンジ、改良新型の販売を開始した。

2リッター直4ターボの限定車「Q7 45 Sライン リミテッド」も登場

 アウディジャパンは2020年8月18日、アウディのプレミアムSUV「Q7」をマイナーチェンジ、改良新型の販売を開始した。

アウディ改良新型「Q7」の走り

 日本で2006年にデビューした初代Q7は、スタイリッシュなエクステリアデザインと7人乗り3列シートを擁するSUVとして世界各国で人気を博したモデルだ。2016年に2代目へとフルモデルチェンジしたQ7が、今回大幅改良された。

 エクステリアはQモデル用にデザインされたオクタゴン(八角形)シングルフレームグリルなどにより、よりスポーティな印象となっている。足元は標準車が19インチ、S lineが20インチのアルミホイールを標準装備している。

 インテリアは、アナログメーターのかわりに12.3インチディスプレイのアウディバーチャルコックピットを装備。スピードメーターをはじめナビ画面など、ステアリングに備わるスイッチを介して表示の切り替えが可能となっている。

 インパネの中央には、大型タッチスクリーンを上下にふたつ装備する。上段の10.1インチディスプレイは、インフォテインメントおよびナビゲーションを、下段の8.6インチディスプレイは空調コントロールなどを操作するものとなる。

 乗車定員は5名を標準とし、オプションで7人乗り3列シート仕様の7シーターパッケージを用意。2列目には、個別にシートスライドとリクライニングが可能な独立した3人分のシートを設定し、さらに電動格納式のサードシートを備える。

 ラゲッジスペースは5人乗り仕様で通常時890リッターで、2列目のシートを格納すれば 2075リッターもの広いスペースを確保する。7人乗り3列シート仕様の場合、サードシートを格納した状態で770リッター、セカンドシートも格納すれば1955リッターの収納が可能で、ミニバンにも匹敵する使い勝手を実現している。

 パワートレインは、ツインスクロールターボを採用する3リッターV型6気筒エンジンに、48V電源とマイルドハイブリッド(MHEV)を組み合わせることで高効率化を実現。最高出力340ps、最大トルク500Nmを発揮する。WLTCモード燃費は9.3km/Lだ。

 トランスミッションは8速ティプトロニックを採用。機械式センターディファレンシャルを搭載するクワトロ(フルタイム4WD)は、通常時には前後40:60にトルクを非対称に配分し、FRのような軽快なハンドリングとクワトロならではの安定性を両立。路面状況によっては、トルク配分を前後70:30~15:85へとダイナミックに変化させることで、優れたトラクションとダイナミックな走りを実現する。

 車両価格は「Q7 55 TFSIクワトロ」が957万円(消費税込、以下同)、「Q7 55 TFSIクワトロ Sライン」が1020万円となる。

※ ※ ※

 今回新型Q7の発売を記念して、限定車「Q7 45 Sライン リミテッド」を発売する。このモデルは、高効率な2リッター直列4気筒ターボエンジンに8速ティプトロニックおよびクワトロを組み合わせる。車両価格は975万円になる。

 最高出力は252ps、最大トルクは370Nmを発揮。JC08モード燃費は11.0km/Lを達成しており、7シーターパッケージ(3列目シート、4ゾーンエアコンディショナー、パワークロージングドア)やプレミアムパッケージ(エクステンディッドアルミニウムブラック/ブラックグラスルックコントロールパネル、プライバシーガラス)に加えて、21インチアルミホイールを特別装備する。

 エクステリアカラーは限定車専用色のバリークブラウンメタリックをはじめ、グレイシアホワイトメタリック、デイトナグレー、オルガブラックメタリックの計4色を設定。310台の限定販売となる。

Gallery:【画像】スポーティな外観に変貌! アウディ改良新型「Q7」を画像でチェック(21枚)