ルノーとルコックのコラボ第2弾 限定車「トゥインゴ ルコックスポルティフ」登場

ルノー・ジャポンは、フランスの総合スポーツメーカー「ルコックスポルティフ」とのコラボレーションによる、スポーティなフレンチスタイルのデザインをまとった限定車、ルノー「トゥインゴ ルコックスポルティフ」を、2020年3月5日に200台限定で発売、予約受付を1月30日から3月4日までおこないます。

フランスでもっとも古い総合スポーツメーカーとのコラボ第2弾

 ルノー・ジャポンは、フランスの総合スポーツメーカー「ルコックスポルティフ」とのコラボレーションによる、スポーティなフレンチスタイルのデザインをまとった限定車、「トゥインゴ ルコックスポルティフ」を、2020年3月5日に200台限定で発売します。

ルノー「トゥインゴ ルコックスポルティフ」。グリ リュネール M(上)ブラン クオーツ M(下)

 ルコックスポルティフとのコラボレーション第2弾となる今回の限定車には、第1弾で好評だったブラン・クオーツM(メタリック)と、シックな色合いのグリ・リュネールMの2色のボディカラーがラインナップされます。

 このボディカラーに合わせた専用サイドストライプ・デカール、ルージュドアミラー、専用16インチアルミホイールなどがスポーティな印象を際立たせます。また前席シートヒーター、バックソナー+リアカメラ、4スピーカー+サブウーハーなども装備されます。

 新型トゥインゴは、新たにスマートフォンのミラーリング機能により、7インチタッチスクリーンでスマートフォン内の各種機能にアクセスでき、Siri やGoogleアシスタントを利用した音声での操作も可能なマルチメディア「EASY LINK(イージーリンク)」が搭載されました。

 トゥインゴ ルコックスポルティフは200台(各色100台)の限定で、車両価格は214万円(消費税込)です。2020年1月30日から3月4日まで予約を受付け、3月5日以降は通常販売されます。

※ ※ ※

 ルコックスポルティフ(le coq sportif)は、ファッション性と快適な機能性にこだわり、創業以来130年以上にわたり、サッカーやサイクリング、テニス、ラグビーといったスポーツをサポートし、ルノーF1チームのオフィシャルサプライヤーも務める、フランスでもっとも古い総合スポーツメーカーです。

トゥインゴ ルコックスポルティフ専用装備

●専用ボディカラー: ブラン・クオーツ M/グリ・リュネール M
●専用サイドストライプ/専用デカール
●ボディ同色サイドプロテクションモール(ルコックスポルティフロゴ入り)
●専用キッキングプレート
●ルージュドアミラー
●プライバシーガラス
●コーナリングランプ機能付フロントフォグランプ
●専用16インチアルミホイール
●ルージュ内装トリム(ダッシュボード・エアコンベゼル)
●専用ロゴプレート
●レザー調×ファブリックコンビシート
●前席シートヒーター
●サブウーハー
●リアカメラ
●リアシート下収納ネット

Gallery:フレンチスポーティ 「トゥインゴ ルコックスポルティフ」を画像で見る(5枚)