乗ってわかった TOYO TIRESの最新スタッドレス「オブザーブ・ギズツー」の進化とは

2020年7月14日に新しく誕生した乗用車用スタッドレスタイヤがTOYO TIRES「OBSERVE GIZ2(オブザーブ・ギズツー)」だ。13インチから18インチまで、45シリーズから80シリーズまで全23サイズを用意する新スタッドレスタイヤはどんな実力を持っているのだろうか。

TOYO TIREの最新スタッドレスに乗って感じた実力とは

 カーリング女子で有名になった北海道東部に位置する北見市のそばに、トーヨータイヤの「サロマ・プルービンググラウンド」がある。

 アイスのスキッドパッド、アイスドーム(屋根付きのブレーキ試験コース)、ハンドリングコースなどが何種類かレイアウトされている。ここで新しいオブザーブGIZ2を試すことができたので、そのインプレッションをお伝えしよう。

TOYO TIRESの新スタッドレスタイヤ「オブザーブGIZ2(ギズツー)」の走行シーン

 まずはアイスドームで先代モデルのオブザーブGIZと新しいオブザーブGIZ2を比較テストした。クルマはトヨタ「プリウス」で、タイヤサイズは195/65R15 91Qである。

 初速30km/hからアイスバーンでの制動距離の比較をおこなった。当日はあまり気温が低くなく、アイスの表面はうっすらと水膜がある状態だった。

 まず最初に先代のGIZを乗り、あとから新しいGIZ2に乗った。先代よりもGIZ2は制動感を強く感じた。その感覚どおり、制動距離も短くなっている。停止後にアクセル全開にすると、発進&加速はGIZ2の方が明らかに良かった。

 アイスバーン上でUターンするときにハンドルをロックするまで切るが、そのときのハンドル手応えがGIZ2の方が重めで、舵の効きもよく感じた。

 かなり条件が悪い中でのテスト走行だったが、GIZ2で走る、曲がる、止まるがきちんとできたことは安心感につながった。

 ハンドリングコースではアウディ「A4 TFSIクワトロ」に245/40R18 93QサイズのGIZ2を履いて走った。

 アイスバーンと雪道が混在するワインディングコースだったが、クワトロだけあって安心して走ることができる。さすがにトラクションは十分で、安定性を保ちながら加速する。

 舵の効きは強そうに感じないが、ハンドルを切っていけば曲がっていく。やや手応えが弱いから、感覚的には曲がらないように感じるが、実際は切れば曲がる。

 カローラスポーツには205/55R16 91QサイズのGIZ2を履いてハンドリングコースを走った。

 雪やアイス路面でのグリップはなかなか良さそうだが、ハンドル操作に対する応答遅れが少し気になった。小舵角での反応が弱く、舵角が大きくなっていくとグリップしてくるのか。ライントレースがやや大雑把になってしまうところが残念だ。

 その点では、先代のGIZの方が小舵角での応答性が良いので、そこそこのスピードで走るぶんには悪くないと思った。

 新しいGIZ2は、雪道でもアイス路面でも絶対的なグリップ力は高いから、安心感という意味では先代のGIZよりレベルアップしていると感じた。

Gallery:TOYO TIRE最新スタッドレスの画像をチェック(12枚)