VAGUE(ヴァーグ)

ノビテックが挑戦するミッドシップのグランド・ツーリングカーの世界

 ドイツのチューニング・メーカー、ノビテックから、マクラーレン「GT」をベースとした新作が公開された。

●まずはエアロダイナミクスのリニューアル

  • ノーマル比87psもパワーアップしたノビテック・マクラーレン「GT」

 ノビテックといえば、グループ内に、フェラーリをチューニング&ドレスアップする「ノビテック・ロッソ」、ランボルギーニやマクラーレンに対応する「ノビテック・トラド」、さらにマセラティ・ブランドの「ノビテック・トライデント」などの部門を擁している。ほかにはロールスロイスやテスラなど、ベースモデルの幅広さと総合チューナーとしての規模は、ドイツでも最大級のものになりつつある。

 ノビテックが手掛けたマクラーレンGTは、それまでのグランド・ツーリングカーが採用していたフロントにエンジンをマウントしておらず、V型8気筒ツインターボエンジンをリアミッドシップに搭載している。

 それでいて、ふたつのトランクとコックピット内により大きなスペースを確保しており、優れたパフォーマンスを保証する軽量構造等々によって、新たなグランドツーリング・カーの世界を定義したクルマである。ノビテックははたして、それをどう調理するというのか。

 ノビテックがまずおこなったのは、ボディのエアロダイナミクスをさらに向上させるためのリニューアルだ。

 より美しく、そしてよりスリリングなボディデザインを実現するために、デザイナーとエンジニアはいくつもの案を描き、そして実際に風洞実験によってその効果を証明した。

 新たにデザインされたエアロパーツは、もちろんすべてが軽量なカーボン製で、フロントのリップスポイラー、サイドパネル、サイドエアインテーク、リアスポイラー・リップ等々のアイテムで構成されている。

Next見た目以上に劇的にパワーアップしたノビテック「GT」
Gallery【画像】上品に仕立てたノビテック・マクラーレン「GT」のディテールはどうなっている?(12枚)

page

RECOMMEND