ついに「ハマー」が1000馬力のハイパーSUVで復活! ピュアEVで2021年秋に生産開始へ

米ゼネラルモーターズの一部門であるGMCは2020年7月29日、ワールドプレミアが延期されていたフルEV「ハマーEV」が今秋後半にデビューし、2021年秋から生産を開始することを発表した。

ピックアップトラックとSUVの2タイプのボディ形状

 米ゼネラルモーターズの一部門であるGMCは2020年7月29日、ワールドプレミアが延期されていたフルEV「ハマーEV」が今秋後半に初公開され、2021年秋から生産を開始することを発表した。

公開されたハマーEVの最新動画。SUVシルエットで、かつてのハマーH2やH3を彷彿とさせるデザインだ

 ハマーEVは2020年2月に登場が予告されたモデルで、予定では2020年5月20日にワールドプレミアされる予定だったが、COVID-19(新型コロナウイルス)感染拡大の影響で、その公開日が延期されていた。

 今回は、同時にハマーEVの最新映像も公開されている。いままでフロントグリルの画像しか発表されていないが、この映像にはデザイナーが制作したクレイモデルや開発中の車両も映っている。

 さらに公開された映像では、シルエットだけだが荷室を持つピックアップトラックタイプと、5ドアのSUVスタイルの2種類のボディタイプが存在することが確認できる。

 ハマーEVはこれまで、2020年2月にフロントグリル、4月には上空からの走行映像、5月には着脱式オープンループの画像が発表され、今回で4度目のティザー映像となる。

※ ※ ※

 ハマーは、1992年に登場した軍用4WD車「ハンヴィー」の民間仕様モデル。1999年にGMから発売され、「ハマーH1」となった。

 2002年にはシボレー「タホ」をベースとしたフルサイズSUV「ハマーH2」にモデルチェンジ。日本でも販売された。またシボレー「コロラド」をベースにした「ハマーH3」も2006年に登場している。

 その後、ハマーブランドは消滅、今回電気自動車として復活することになった。

 ハマーEVの詳細はまだ明らかになっていないが、フル電気自動車(ピュアEV)でトータル出力は1000馬力、最大トルクは11500lb-ft(約15591Nm)を発生、0−96mph(約100km/h)加速は3秒と発表されている。

Gallery:【画像】待ち遠しい! 今秋登場の「ハマーEV」をチェック(10枚)