700万円オーバーのキッズカー誕生!! ブガッティ製キッズカーは最高速度もハンパない!

キッズカーでも業界最速か!? ブガッティ製のキッズカーは作りも価格も超弩級だった。

実車の3/4スケールで作られたブガッティ製スモールカー

 2019年春に、ブガッティ社の創業110周年を記念して復刻が予告されていたブガッティ「ベイビーII」の生産が、ついに始動することになった。

500台限定のベイビーIIは、わずか3週間ですべて完売。お値段は、クルマが1台購入できるほど

 ベイビーIIは、ブガッティのホームページによると、好みのボディカラー等々を選択するコンフィギュレーターも用意されている。しかし、残念ながら500台限定のベイビーIIは、わずか3週間ですべて完売となっている。

 初代ブガッティ「ベイビー」は、そもそもエットーレ・ブガッティが、末っ子であるローランドの4歳の誕生日のプレゼントとして製作したものだ。

 ベイビーのサイズは、オリジナルの「タイプ35」の50%のサイズで、実際にはローランド専用(つまり子ども専用)モデルだったが、今回のベイビーIIは、タイプ35の75%サイズにまで拡大されているため、大人でもコクピットに身を置くことが可能となっている。

 かつてのベイビーは、モールスハイムを訪れるゲストからの人気が高く、1927年から1936年の間に約500台が生産され、すべてオーナーに納車されたと記録されている。

 現在でもこのブガッティ・ベイビーは、稀にオークションでその姿を見かけることがあるが、その価格は普通に街を走る自動車並みの額に達することも多い。

 ちなみにこのベイビーIIのモチーフとなっているタイプ35は、1920年代にレース・シーンでブガッティに数多くの栄光を導き、その勝利数は約2000ともいわれている。まさに戦前の第一期ブガッティを象徴するモデルといえる。

 ベイビーIIの開発は、ペダルカーの世界では多くの実績を持つ、フランスのリトル・カー・カンパニーと共同でおこなわれた。プロトタイプは2019年のジュネーブ・ショーで「XP1」のネーミングとともに発表されているが、カスタマーの反応はもちろん素晴らしいものだった。なぜなら彼らはみな、1920年代のベイビーを熟知していたからだ。

Gallery:【画像】ブガッティは、キッズカーの値段がアルファード並です(14枚)