どう進化した? 日本上陸したアウディ新型「Q3」と初代モデルを比べてみた

2020年7月7日に日本に登場した、アウディのコンパクトSUVが新型「Q3」だ。今回クロスオーバーSUVの「Q3スポーツバック」と同時に日本で発表されている。初代Q3は、プレミアムコンパクトSUVの草分けとして2012年5月に日本に上陸したモデルで、世界中で人気となったモデルだ。Q3はどのように進化しているのか。新型と従来型を比較してみよう。

初代Q3は日本では約8年販売されたロングセラーモデルだった

 アウディジャパンは2020年7月7日、8年ぶりにフルモデルチェンジしたプレミアムコンパクトSUV、新型「Q3」、およびアウディ初のコンパクトクロスオーバーSUV、新型「Q3スポーツバック」を発表した。

アウディ新型「Q3」(右)と初代「Q3」(左)

 今回登場したQ3は、2代目のモデルとなる。

 初代Q3は、2011年4月に中国・上海モーターショーでワールドプレミアされた全長4400mmのコンパクトSUVだ。2011年から欧州で発売が開始されている。

 プラットフォームは、アウディのCセグメントハッチバックである「A3」をベースにしていた。

 いわゆるプレミアムブランドからコンパクトSUVが登場するのは、2009年にワールドプレミアされた全長4450mm×全幅1800mm×全高1545mmというスリーサイズのBMW「X1」があるが、初代X1はE90型3シリーズをベースにしたFRプラットフォームを用いていたため、車格的には初代Q3よりもひとつ上の「DセグメントSUV」という立ち位置となる。

 FFプラットフォームを採用して登場したメルセデス・ベンツのコンパクトSUV、初代「GLA」は、初代Q3が登場した後、2013年のフランクフルトモーターショーで世界初公開されている。つまりQ3は、プレミアムコンパクトSUVの草分け的な存在ということができる。

 初代Q3は、日本では2012年5月8日に発表・発売された。

アウディ初代「Q3」(マイナーチェンジ後モデル)

 当初は2リッターガソリンターボエンジン「2.0TFSI」を搭載したクワトロ(4WD)モデルのみの設定だったが、2014年8月に1.4リッターガソリンターボ「1.4TFSI」を搭載した、アウディのSUVラインナップ「Qシリーズ」として初の前輪駆動モデルが登場。そこから日本での人気を確かなものにしている。

 2014年3月にはハイパフォーマンスモデル「RS Q3」が登場。こちらもQシリーズとして初となるRSモデルだった。2.5リッター直列5気筒ターボエンジンは310ps・420Nmを発生、0-100km/h加速は5.5秒、最高速度は250km/h(リミッター)というパフォーマンスを誇った。車両価格は698万円(消費税5%込)だった。

 初代Q3は、2015年にマイナーチェンジを受けるとともに、2.0TFSIの出力をアップ。またRS Q3も最高出力を310psから340psに、最大トルクを420Nmから450Nmに向上、0-100km/h加速は4.8秒と、従来より0.7秒も短縮した。また燃費も13.0km/Lと約13%向上させている。

 こうして初代Q3は、日本においてはおよそ8年にわたり販売されるというロングセラーモデルとなった。

Gallery:【画像】並べてみるとけっこう違う! 新旧Q3を画像で比較(24枚)