中古価格は新車時以上!? 最終進化形「ランエボX」はどんなクルマだったのか

三菱を代表するスーパースポーツカー「ランサーエボリューション」。その最終型である「ランサーエボリューションX(テン)」とはどんなモデルだったのだろうか。

初代から9代目までは1〜2年ごとに進化していた

 三菱「ランサーエボリューション(ランエボ)」は、もともとWRC(世界ラリー選手権)のグループA参戦を念頭に置いたホモロゲーションモデルとして登場した。その起源は1992年9月に発売された「ランサーGSRエボリューション(通称エボワン)」となる。

2008年10月に登場した三菱「ランサーエボリューションX」 09型

 エボワンは、ギャランVR-4に搭載していた2リッターターボエンジンを、250馬力までパワーアップして搭載。2500台限定発売だったが、あっという間に売り切れて、さらに2500台が追加で販売された。

 ランエボがWRCで初優勝したのは、1995年のスウェディッシュラリーだ。これは初代ではなく「エボII」での参戦で、このときのドライバーはケネス・エリクソン選手、コドライバーはスタファン・パルマンダー選手だった。

 ランエボシリーズは、1992年のエボワンの後、1994年1月発売の「ランエボII」、1995年1月発売の「ランエボIII」、1996年8月発売の「ランエボIV」、1998年1月発売の「ランエボV」、1999年1月発売の「ランエボVI」、2000年1月発売の「ランエボVIトミ・マキネンエディション」、2001年2月発売の「ランエボVII」、2002年2月発売の「ランエボVII GT-A」、2003年1月発売の「ランエボVIII」、2004年2月発売の「ランエボVIII MR」、2005年3月発売の「ランエボIX」、2005年9月発売の「ランエボワゴン」、2006年8月発売の「ランエボIX MR」「ランエボワゴンIX MR」と続いていく。

 ほとんど1年から1年半に1モデルのペースで進化し続けたランエボだったが、2001年シーズンのWRCから「ランサーセディア」ベースのWRカーで参戦したこと、2003年シーズンは三菱チームはWRC活動をいったん休止したこと、その後復帰したものの、三菱のリコール隠し問題による経営の悪化にともない、2006年シーズンから再度WRCワークス活動を休止したことなどで、WRCホモロゲーション車両としての本来のランエボの立ち位置は変化していく。

三菱「ランサーエボリューションX」ファイナルエディションと歴代ランエボ

 そうしたなか、2007年10月に「ランサーエボリューションX(テン)」が発売された。

Gallery:【画像】伝説のモデル 三菱「ランエボ」シリーズを画像で見る(28枚)