プレミアムコンパクトSUV戦争勃発 アウディ新型「Q3」とライバルを比べてみた

アウディ「Q3」がフルモデルチェンジし、2020年7月7日に日本に上陸した。いまや世界中で人気のコンパクトSUV市場だが、やはりアウディのライバルとなるモデルはメルセデス・ベンツとBMWの「ドイツ・プレミアムスリー」になるだろう。新型Q3のライバルを見てみよう。

新型「Q3」「Q3スポーツバック」登場 アウディSUVのラインナップは?

 現在、国内の自動車市場では、コンパクトSUV市場が活気づいている。それは日本車だけでなく、輸入車も同様だ。

 そうしたなか2020年7月7日、アウディから8年ぶりのモデルチェンジで登場したのが、2代目となる「Q3」だ。

メルセデス・ベンツ「GLA」とアウディ「Q3」とBMW「X1」。プレミアムコンパクトSUVとしてライバル関係にある

 アウディのSUVファミリーには、すべて「Q」の頭文字が付く。それに続く数字が大きくなると、ボディサイズも大きくなる。Qシリーズの現在は「Q2」、「Q3」、「Q5」、「Q7」、「Q8」というバリエーションが揃っている。

 Qシリーズに共通しているのは、「オクタゴンシングルフレームグリル」と呼ばれる八角形のグリルデザインだ。遠くから走ってきてもアウディのSUVだということがわかる。

 一番小さなQ2は、個性があって遊び心に溢れている。ミドルサイズのQ5は洗練されたスタイリングで押し出しも強く見える。Q3は文字どおりその中間で、遊び心と洗練さを兼ね備える位置に立っている。
 
 新しいQ3は今回登場した2代目から、コンパクトSUVの「Q3」に加え、新たにコンパクトクロスオーバーSUVの「Q3スポーツバック」が登場し、ふたつのボディタイプが用意されている。

 搭載されるエンジンは、従来モデルが2リッターガソリンターボを搭載していたのに対し、1.5リッターガソリンターボにダウンサイジング。フルタイム4WDのクワトロモデルには2リッターディーゼルターボが組み合わされ、Q3/Q3スポーツバックの両方で選べる。

 Q3/Q3スポーツバックのスリーサイズは、全長は4490mm/4500mm、全幅は1840mm、全高は1610mm/1565mmで、車両価格は「Q3」が438万円から543万円、Q3スポーツバックが452万円から563万円となっている。

2020年7月7日、アウディから8年ぶりのモデルチェンジで登場した、2代目となる「Q3」

※ ※ ※

 新型アウディQ3/Q3スポーツバックのライバルには、メルセデス・ベンツ「GLA」、「GLB」、さらにBMW「X1」、「X2」がいて、ここでもドイツプレミアム御三家が凌ぎを削っている。

Gallery:【画像】アウディQ3と独ライバルを画像でチェック(31枚)