世界最速FFの称号をかけた大戦争 シビックタイプRとメガーヌRSの闘いの歴史とは

ホンダは2020年7月9日、「CIVIC TYPE R Limited Edition(シビック・タイプRリミテッド・エディション)」が鈴鹿サーキットにおいて、FFモデルで最速となる2分23秒993のラップタイムを記録したと発表した。FF最速をめぐっては、ルノー「メガーヌR.S.」と闘いの歴史がある。それを見ていこう。

シビックRが鈴鹿サーキットFF最速の称号を取り戻した

 2020年7月9日、ホンダから「CIVIC TYPE R Limited Editionが鈴鹿サーキットで最速ラップタイムを記録」とのプレスリリースが出た。

 これは、文字どおりにマイナーチェンジをおこなって発売予定の最新「シビックタイプR」の特別仕様車が、鈴鹿サーキットにてFF(前輪駆動)最速となる2分23秒993のラップタイムを記録したという内容だ。

ホンダ「シビックタイプR」(左)とルノー「メガーヌR.S.トロフィーR」(右)

 ではなぜ、わざわざホンダは、お膝元となる鈴鹿サーキットのラップタイムを発表したのだろうか。

 そこにはライバルの存在がある。それがルノー「メガーヌR.S.トロフィーR」だ。

 なんと、そのライバルが2019年11月に鈴鹿サーキットに遠征してタイムアタックを実施。そこで2分25秒454という記録をたたき出していたのだ。

2019年11月におこなわれたルノー「メガーヌR.S.トロフィーR」での鈴鹿タイムアタックの様子

 ホンダとしては、お膝元である鈴鹿サーキットで、自身の速さを証明する必要がある。それが2020年7月9日の最速ラップの発表とつながったのだ。

 今回、FF最速をめぐるタイムアタック争いの舞台となったのは鈴鹿サーキットだったが、シビックタイプRとメガーヌR.S.との闘いは、それ以外の場所でも繰り広げられている。というか、その主戦場はドイツのニュルブルクリンク北コース(ノルドシュライフェ)なのだ。

 全長約20・のニュルブルクリンクの北コースは「グリーンヘル(緑の地獄)」とも呼ばれる世界屈指の難コースだ。世界中の自動車メーカーが、新車開発のためにここで走り込み、また、その速さを証明するために熱心にタイムアタックを実施してきた。

 当然、各社のFFスポーツモデルもタイムアタックをおこない、そのラップライムを競っている。そこで2000年代後半からチャンピオンとして君臨していたのがルノーのメガーヌR.S.であった。2008年に「メガーヌR26.R」においての8分16秒9、2011年6月の「メガーヌR.S.トロフィー」での8分7秒97というタイムで、FF最速を謳っていたのだ。

 そこに挑戦者が現れる。セアト「レオン・クラブ280」だ。

 2014年3月に7分58秒44を記録。メガーヌR.S.トロフィーの記録を上回った。しかし、すぐさまルノーは「メガーヌR.S.トロフィー275R」という特別車を世に送り出し、7分54秒36というタイムで最速の座を奪還したのだ。

Gallery:【画像】どっちが速い? シビックRとメガーヌRSを画像で見る(20枚)