スーパーカー少年はみんな憧れた! ロータス「ヨーロッパ」の大いなる誤解とは【THE CAR】

日本でのスーパーカーブーム時代に、間違いなく主役だった1台がロータス「ヨーロッパ」、しかも「スペシャル」だった。本来、安価でホンモノのスポーツカーを目指していたヨーロッパが、どうして日本ではスーパーカーにまで奉られることになったのだろうか。

安価でホンモノのスポーツカーを目指した「ヨーロッパ」

 ロータス「ヨーロッパ」が、いまだに「スーパーカー」として認められているのは、ひとえに、スーパーカーブームのきっかけとなった漫画『サーキットの狼』で主人公のパートナーだったからにほかならない。

 もっというと、原作者である池沢早人師氏自身がヨーロッパを駆って体験したスポーツカー仲間たちとの交流が、原作のアイデアの源泉になっていたから、である。

創業者コーリン・チャプマンの理想像を叶えたミドシップレイアウトを実現

 それゆえ、スーパーカーとしてのヨーロッパは、最終モデル、すなわちビッグバルブの1.6リッターDOHCを積む「スペシャル」の、それも左ハンドル仕様=当時のアトランティック正規輸入モデルで北米仕様(今回撮影したような個体)に限られるといっても過言ではない。なぜなら、それこそが、池沢先生=風吹裕矢が乗っていた仕様だったからだ(さらに大きなリアウィングを付けていた)。

 それ以外のヨーロッパ、「S1」、「S2」といったブレッドバンタイプのモデルは、ロータス製ツインカムエンジンではなくルノー製パワートレインを積んでいたこともあってか、「ツインカム」や「スペシャル」ほどには、スーパーカー小僧の注目を集めることも、またなかった。

 そして、面白いことに、マニアの注目を集めるのは、逆に、ロータスの創始者であるコーリン・チャップマンが描いた理想像に近い初期の2モデル、つまりロータス「タイプ46=S1」、「タイプ54=S2」、そしてレーシングの「タイプ47」、「タイプ62」であり、「タイプ74」以降ではない場合が多い。

 ヨーロッパというクルマに対する、大いなる誤解はそこから生まれた。

 ヨーロッパが本質的にスーパーカーなどでなかったことは、ロータスファンなら誰でも知っていることだ。

 1960年代に、マトラ、ランボルギーニと並んでミドシップを採用した先鋭さと、名門ロータスからリリースされたという事実、そして漫画のヒーローによる無敵のパートナーイメージなどが結びついて、1960年代のイギリスを代表するスポーツカーのように考えられている。

 けれども、実際はそうではなく、あの時代のロータスにおけるスポーツカーといえばあくまでもFRのエランであり、ヨーロッパとはその名の通りあくまでも大陸において売り出す、安価で楽しいスポーツカーの新提案でしかなかった。

 ミドシップも、ランボルギーニのようにそれがロードカーとして最先端だったから採用したのではなく、地産地消の非力だがメンテナンス性に優れたパワートレインを使って本格スポーツカーを成立させるための手段でしかなかった。

 コーリン・チャップマンにとって、ミドシップなどはレースカーで使い慣れたレイアウトでしかなく、それを売りにする高価なスポーツカーを作るなどという考えなど、ハナからなかったはずだ。

 だから、ヨーロッパは、エランの後継では決してない。値段も、半額とはいわないまでも、かなり安かった。

 あえていえば、ヨーロッパは、ロータス・セブンの後継であった。誰もが乗って楽しめる、安価でホンモノのスポーツカーを目指していた。

 だからこそ、ルノーのパワートレインを積み、まずはフランスだけで発売されたのだった。

Gallery:【画像】助手席の女性にシフトチェンジしてもらいたい「ヨーロッパ」のコックピットとは?(12枚)