2年ぶりの日本導入! アウディ RS3スポーツバック/RS3セダン登場

アウディ ジャパンは、同社のプレミアムコンパクトモデル「A3」シリーズのハイエンドスポーツモデル「RS3スポーツバック」および「RS3セダン」の装備を充実させ、新色を設定して、約2年ぶりに日本市場で販売すると発表した。

2018年8月以来、日本市場では2年ぶりの販売

 アウディ ジャパンは、同社のプレミアムコンパクトモデル「RS3スポーツバック」を2020年8月18日、「RS3セダン」を2020年9月15日に発売する。

アウディ新型「RS3スポーツバック」の外観

 RSシリーズはアウディのハイエンドスポーツのモデルだ。つまり、RS3スポーツバックとRS3セダンは、プレミアムコンパクトモデルである「A3シリーズ」のトップに位置付けられる。

 とくに世界的に人気が高まっている、ツーリングカーレースのTCRカテゴリーに参戦する「RS3LMS」のベースモデルとなるRS3セダンは、レーシングカーRS3LMSのストリートバージョンにも位置付けられる、モータースポーツ直系のコンパクト高性能セダンだ。

 オールアルミ製の2.5リッター直列5気筒TFSIガソリン直噴ターボエンジンは、最高出力400ps最大トルク480Nmを発揮。これに7速Sトロニックトランスミッションとクワトロフルタイム四輪駆動システムが組み合わされている。

 このクワトロシステムは、コンパクトかつ軽量な電子油圧制御式の多板クラッチが採用され、前後アクスルにトルクを可変配分することにより、大パワーを確実に路面へ伝達することで、優れた高速安定性と操縦安定性を実現した。

 0-100km/h加速タイムわずか4.1秒を達成するこのエンジンは、「インターナショナル エンジン オブ ザ イヤー」の2から2.5リッターカテゴリーにおいて、9年連続ベストエンジン賞にも選出されている。

 今回発表されたモデルは、RS3スポーツバック/RS3セダンともに特別装備として、エクステリアにはマトリクスLEDヘッドライト、フロントダイナミックターンインディケーター、マットアルミニウムスタイリングパッケージが備えられている。

 また、インテリアには、ファインナッパレザーダイヤモンドステッチングのRSスポーツシート、レッドアクセントリング付きエアコン吹き出し口、レッドステッチ入りフロアマットを採用。サスペンションにはアウディマグネティックライド(電子制御可変ダンパー)が装備され、スポーツバックとセダンそれぞれデザインの異なるアウディスポーツ製5アームマットチタンルック19インチアルミホイールと、235/35R19タイヤが組み合わされている。

 エクステリアカラーは、新色キャラミグリーンのほか、ナルドグレー、グレイシアホワイトメタリック、ミトスブラックメタリックの4色設定だ。

 さらに、新型コロナウィルス感染拡大防止のために延期となり、2020年7月25、26日にスポーツランドSUGOで開幕するツーリングカーレースTCRジャパンに、今回発表のRS3セダンをベースに開発された2台のRS3LMSが、「アウディスポーツ・カスタマーレーシングチーム」から参戦予定となっている。

 価格(消費税込)は、RS3スポーツバックが850万円、RS3セダンが869万円となっている。

Gallery:【画像】さらに装備が充実したアウディRS3スポーツバック/RS3セダンを画像で見る (10枚)