VW新型コンパクトSUV「Tロック」 さっそく日本の道で走ってみた

2020年7月15日に日本上陸を果たしたばかりのフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「T-Roc(Tロック)」。クーペSUV風のエクステリアデザインと、VWのSUVとしては初採用となる2トーンカラーで、スタイリッシュさばかりが目についてしまうが、実際に日本の道で乗ってみてどうなのか。

「Tクロス」と「ティグアン」の間の大きさとなるコンパクトSUV

 SUV攻勢を加速させるフォルクスワーゲン(VW)が、昨年の「T-Cross(Tクロス)」に続いて送り込んだニューモデルが「T-Roc(Tロック)」だ。

 欧州ではすでに2017年に発売されていて、このほど晴れて日本に導入される運びとなった。

2020年7月15日に日本上陸を果たしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「T-Roc(Tロック)」

 全長4240mm×全幅1825mm×全高1590mmというスリーサイズは、Tクロスよりも125mm長く、65mm幅広い。またティグアンよりも260mm短く、15mm狭いという立ち位置になる。

 TクロスやティグアンがオーソドックスなSUVのスタイリングであるのに対し、Tロックはテールゲートがなだらかに傾斜したSUVクーペのシルエットをまとうのが特徴となっている。

 そのクーペ的なルーフラインを強調するかのように配されたクロームのトリムをはじめ、ベントレー「ベンテイガ」のようなボディサイドのキャラクターラインや、その延長上の鋭く尖がったテールゲートの水平なラインも目を引く。

 また全9色の多彩なボディカラーは、VWのSUVとして初めて2トーン仕様が選べるのも特徴で、ブラックまたはホワイトのルーフカラーを組み合わせることが可能となる。

 インテリアも、ボディカラーとのコーディネートを図れる大面積のトリムなどにより、スポーティさとポップさを兼ね備えた雰囲気となっている。水平基調のインパネには、最新のデジタルメータークラスター「アクティブ・インフォ・ディスプレイ」や、表面を大型ガラスパネルで覆ったタブレット感覚のインフォテイメントシステム「ディスカバー・プロ」などが全車標準装備される。

 クーペフォルムながら、後席の居住空間も必要十分で、通常時の荷室容量は445リッター、シートバックをすべて倒せば最大1290リッターと、ライバルSUVに対して遜色ない広さを確保しており、実用性も申し分ない。

 輸入車コンパクトSUVでは、同じく新しくなったばかりのプジョー「2008」やルノー「キャプチャー」などのフランス勢が直接的なライバルとなるほか、同門のアウディ「Q2」や、やや大柄ながらメルセデス・ベンツ「GLA」、BMW「X2」あたりの独プレミアム勢も競合してきそうだ。

 欧州ではガソリン4種類、ディーゼル2種類という計6種類ものパワートレインが用意されているが、日本向けはひとまず最高出力150ps・最大トルク340Nmを発生する2リッター直列4気筒ディーゼルで前輪駆動の「2.0TDI」のみとされた。

 グレードは、「TDIスタイル」(車両価格384万9000円。消費税込、以下同)、「TDIスタイル デザインパッケージ」(405万9000円)、「TDIスポーツ」(同419万9000円)、「TDI R-Line」(同453万9000円)という4グレードでの展開となる。

Gallery:いま話題のVW「Tロック」の詳細を画像でチェック(25枚)