ポルシェ新型「911ターボ」「911ターボカブリオレ」予約開始 先代より40馬力アップの580馬力!

ポルシェジャパンは2020年7月16日、ポルシェ新型「911ターボ」および「911ターボカブリオレ」の予約受注を開始した。

0-100km/h加速は2.8秒、最高速度320km/h

 ポルシェジャパンは2020年7月16日、ポルシェ新型「911ターボ」および「911ターボカブリオレ」の予約受注を開始した。

 車両価格は911ターボが2443万円(消費税込、以下同様)、911ターボカブリオレが2731万円となる。

ポルシェ新型「911ターボ」

 新型911ターボの3745ccの水平対向6気筒ツインターボエンジンは、先代モデルを40ps上回る580psを発生。またオーバーブースト時間の制限がない最大トルクは先代よりも40Nm増の750Nmを発生する。

 トランスミッションは8速PDK(DCT)が組み合わされ4WDを踏襲し、0-100km/h加速は3秒の大台を切る2.8秒(先代モデルよりも0.2秒短縮)、最高速度320km/hというパフォーマンスを誇る。

 シャシとボディはさらにワイドになっている。フロントアクスルは42mm拡大されたフロントトレッドと255/35R20タイヤによって、いっそう正確に操舵できるようになる。4輪をアクティブ制御する「PTM」がフロントホイールにより多くのパワーを伝達する一方、10mm拡大されたリアトレッドと315/30R21タイヤによってアクティブ操舵されるリアアクスルのトラクションが増やされている。

 ブレーキはいっそう強化された。フロントが先代モデルより28mm増の直径408mm、厚さは2mm増の36mm、リアは直径380mm、厚さ30mmのディスクを備え、伝統の赤いブレーキキャリパーが標準装備される。

 スポーツエグゾーストシステムは、911ターボに初めてオプションとして用意される。

 2種類のシャシバリエーションも新たに設定され、標準の「PASMシャシー」は、スポーツ制重視から快適性重視まで幅広く対応。一方、より硬く、車高が10mm低くなる電子制御の「PASMスポーツサスペンション」は、サーキット走行などにおいて安定性をもたらすという。

 オプションのPDCC油圧アクティブ制御ロール抑制システムと、フロントの10ピストン固定キャリパー付きPCCBセラミックブレーキシステムは、911ターボドライビングダイナミクスを洗練させる。

 911ターボのエクステリアとパフォーマンスは、オプションの「ライトウェイトデザインパッケージ」と「スポーツパッケージ」によってさらに研ぎ澄まされる。

 クーペ用のライトウェイトデザインパッケージは、車両重量を30kg軽減。とりわけこれを可能にするのが、軽量フルバケットシートの採用、リアシートの廃止、および遮音材の削減だ。遮音材が少なくなることは、ドライバーがエンジンサウンドをよりダイレクトに楽しめることも意味する。

 またスポーツパッケージの特徴は、911ターボ スポーツデザインパッケージに加え、ブラックとカーボンの追加装備、そしてエクスクルーシブデザインテールライトとなる。

 インテリアの基本要素は、ポルシェ アドバンストコックピットとダイレクトタッチコントロールを装備した911カレラのインテリアに相当する。

 PCMのセンタースクリーンは10.9インチになり操作がしやすくなっている。また14ウェイ電動スポーツシート、スポーツクロノパッケージ、シフトパドルおよびマルチファンクション/モードスイッチ付きGTスポーツステアリングホイール、パワフルなBOSEサラウンドサウンドシステムなどが含まれている。

 さらなる個性化のために、アダプティブクルーズコントロール、レーンキープアシスト、ナイトビジョンアシスト、Burmester?ハイエンドサラウンドサウンドシステムなどを含む多数のオプションが用意されている。

 日本仕様の911ターボおよび911ターボカブリオレには、サラウンドビュー付パークアシスト、コンフォートアクセス、電動格納ドアミラー、ヒートシーター(フロント)など、他国のマーケットではオプションとなる多くの装備を標準で搭載している。

※ ※ ※

 初代911ターボは1975年にデビュー。それから45年にわたり、どの世代でも高性能スポーツカーのベンチマークであり続けてきた。

 最新世代の911ターボは、260psの3リッター水平対向6気筒シングルターボエンジンを搭載した初代911ターボよりも2倍以上パワフルになっている。911ターボは長年にわたりさらに速く、大きく、快適になってきたが、その基本特性は常に維持したままだ。

Gallery:ポルシェ新型911ターボ/911ターボカブリオレを画像で見る(12枚)