世界初公開されたレクサス新型「LS」 高級車の歴史を変えた初代セルシオと比べてみた

2020年7月7日、レクサス新型「LS」が世界初公開された。LSのDNAである静粛性と乗り心地の大幅向上を追求するため、最新の高度運転支援技術「Lexus Teammate(レクサス・チームメイト)」を採用するなど、フラッグシップモデルにふさわしい進化を遂げている。そんな最新のレクサスLSと、初代LS(日本名:セルシオ)」を比較してみた。

初代「LS」は世界の高級車メーカーに衝撃を与えた

 2020年7月7日、レクサス新型「LS」が世界初公開された。

トヨタ新型「LS」と初代「LS(セルシオ)」

 改良新型LSは、DNAである静粛性と乗り心地の大幅向上を追求するため、最新の高度運転支援技術「Lexus Teammate(レクサス・チームメイト)」を採用するなど、フラッグシップモデルにふさわしい進化を遂げている。

 レクサス・チームメイトとは、車両の高い基本性能を徹底的に磨き上げるとともに、ディープラーニングを中心としたAI技術も取り入れ、運転中に遭遇するさまざまな状況を予測し対応することを支援するもので、凄腕ドライバーの運転操作を取り入れたシステム制御にこだわることで、安全性と優れた走行安定性を実現しているという。

 今回登場したモデルは、2017年に登場した5代目LSの改良版だ。LSは初代が1989年に発売され、いまに続くレクサスの礎を築いたモデルとなる。

 レクサスのフラッグシップモデルとして、30年以上にわたり90以上の国と地域で累計約87万台を販売してきたという。

 そんな最新のレクサスLSと、初代LS(日本名:セルシオ)」を比較してみた。

※ ※ ※

 メルセデス・ベンツやBMWといった欧州メーカー、そしてキャデラックやリンカーンと行ったアメリカメーカーで占められていた高級ブランドマーケットに参入スべく、アメリカを主要マーケットとしてトヨタが立ち上げたブランドが「LEXUS(レクサス)」だ。1989年のブランド立ち上げと同時に、ミドルセダンの「ES」とともに最上級車として登場したのが初代LSになる。

 LSは1989年1月に開催された北米交際自動車ショー(デトロイトショー:NAIAS)で世界初公開、同年9月から「LS400」として販売を開始した。

 まだレクサスブランドが展開されていなかった日本では、北米から遅れること1か月の1989年10月9日、初代トヨタ「セルシオ」として登場した。

1989年に登場した初代レクサス「LS」(日本名:セルシオ)

 日本でレクサスブランドの展開が始まったのは2005年。それまで3代にわたり、レクサスLSは日本でセルシオとして発売されたことになる。

「ワールド・ワイドに通用する世界トップレベルのハイ・パフォーマンス・ラグジュアリー・カーの創造」を基本コンセプトとして開発されたセルシオは、徹底した走り込みを実施し、優れた高速クルージング性能を実現。高速直進安定性や操縦性、スムーズな動力性能、極限ともいえる静粛さを手に入れた。

 またCd値は0.29を実現。当時はバブル景気に湧いていたころで、開発も徹底的におこなわれている。

 こうして高級車にふさわしい性能加え、入念な作り込みと仕上げを施したことから、日本だけでなく北米市場でもまたたく間に大ヒットとなった。

 LS(セルシオ)の高い品質は、その後、世界中の高級車の設計にも大きな影響を与えることになり、「高級車の新たな標準をつくった」とまでいわれた。

Gallery:【画像】初代セルシオと新型LSを画像で比較!(24枚)