アウディ新型「Q3」日本上陸! クーペSUV「Q3スポーツバック」も同時に登場

アウディジャパンは2020年7月7日、8年ぶりにフルモデルチェンジしたプレミアムコンパクトSUV、新型「Q3」、およびアウディ初のコンパクトクロスオーバーSUV、新型「Q3スポーツバック」を発表、8月19日から販売を開始する予定だ。

直噴ディーゼルTDIや新ボディ形状「スポーツバック」を新設定

 アウディジャパンは2020年7月7日、8年ぶりにフルモデルチェンジしたプレミアムコンパクトSUV、新型「Q3」、およびアウディ初のコンパクトクロスオーバーSUV、新型「Q3スポーツバック」を発表、8月19日から販売を開始する予定だ。

アウディ新型「Q3スポーツバック」

 車両価格(消費税込)は以下のとおり。

●アウディ「Q3」

・「35TFSI」 438万円
・「35TFSI アドバンスド」464万円
・「35TFSI Sライン」 494万円
・「35TDIクワトロ アドバンスド」 513万円
・「35TDIクワトロ Sライン」 543万円

●アウディ「Q3スポーツバック」

・「35TFSI」 452万円
・「35TFSI Sライン」516万円
・「35TDIクワトロ Sライン」 563万円

※ ※ ※

 アウディQ3/Q3スポーツバックは、Qファミリー専用にデザインされたオクタゴン(八角形)のシングルフレームグリルやシャープなLEDヘッドライト、大型のエアインレットと特徴的なバンパーにより、力強くスポーティな印象へと生まれ変わっている。

 また今回、Q3よりも全校が約4.5cm低く、クーペのエレガントさを備えたアウディブランド初のコンパクトクロスオーバーSUV「Q3スポーツバック」をラインナップに加えたことで、Q3は2つのボディ形状と、直噴ガソリンTFSIに、新設定の直噴ディーゼルTDIを加えた豊富なバリエーションを持つ。

 Q3/Q3スポーツバックは全長約4.5mと日本でも扱いやすい大きさながら、従来モデル比で75mm長くなったホイールベースにより、広い居住空間を確保。後席のヘッドクリアランスも新型Q3は従来比で7mm拡大、Q3スポーツバックでも十分なスペースを確保している。

 また荷室容量は通常時で従来比70リッター増の530リッターというクラストップレベルの収容力を誇り、リアシートは前後スライドやリクライニングが可能で、リアシートを格納すれば最大1525リッター(スポーツバックは1400リッター)までスペースを拡大できる。

 ボディは軽量化と高いボディ剛性を両立。従来の1.4TFSIを進化させた新開発のガソリンターボエンジン、1.5TFSIと、クリーンディーゼルの2.0TDIの2種類を用意する。

 1.5TFSIは、より高圧の直噴システムの採用などにより最高出力150ps・最大トルク250Nmを発生する一方、気筒休止システムのシリンダーオンデマンド(cod)により省燃費を実現している。この1.5TFSIを搭載するモデル「35TFSI」の駆動方式はFFで、トランスミッションは7速Sトロニック(DCT)、ステアリングは右のみとなる。

 2.0TDIは最高出力150ps・最大トルク340Nmを発生。この2.0TDIを搭載するモデル「35TDI」には電子制御式油圧他板クラッチを用いたquattro(クワトロ)フルタイム四輪駆動システムを組み合わせる。トランスミッションは7速Sトロニック(DCT)、ステアリングは右のみだ。

Gallery:大ヒットの予感!? アウディ新型「Q3」「Q3スポーツバック」を画像で見る(26枚)