大胆にフルモデルチェンジ! プジョー新型「208」が日本上陸

グループPSAジャパンは2020年7月2日、プジョーブランドのBセグメントコンパクトカー、プジョー新型「208」、および100%電気自動車の「e-208」の発売を開始した。

ピュアEV「e-208」は最大航続可能距離340kmを実現

 グループPSAジャパンは2020年7月2日、プジョーブランドのBセグメントコンパクトカー、プジョー新型「208」、および100%電気自動車の「e-208」の発売を開始した。

プジョー新型「208」

 1.2リッター直列3気筒ターボエンジン搭載のガソリンモデル、新型208と、モーターを搭載するピュアEVのe-208があり、車両価格(消費税込)はガソリンモデルの「208スタイル」が239万9000円、「208アリュール」が259万9000円、「208GTライン」が293万円、EVの「e-208アリュール」が389万9000円、「e-208GTライン」が423万円となる。

 従来、プジョーのBセグメントモデルは、「206」「207」などと「20X(Xは数字)」で表されるモデル名だったが、2012年に初代208が登場してからは「208」名を踏襲。今回登場する新型208で2代目となる。

 新型208のボディサイズは全長4095mm×全幅1745mm×全高1445mm(GTラインは1465mm)、ホイールベースは2540mm。これは従来型に対して全長はプラス120mm、全幅プラス5mm、全高はマイナス25mm、ホイールベースは同等というサイズになる。

 グループPSAのB・Cセグメント用最新プラットフォーム「CMP」を採用。これによりスムーズでフリクション感の少ない乗り味とスポーティなハンドリングを実現。プジョーらしいスポーティなハンドリングを実現しているという。サスペンション形式はプジョー伝統の、前:マクファーソンストラット、後:トーションビームアクスルの組み合わせになる。

 ガソリンモデルの208は、定評のあるピュアテック1.2リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載。これは2015年の登場以来インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーで5年連続で選出されたエンジンで、最高出力100ps・最大トルク205Nmを発生。8速ATのEAT8と組み合わされ、19.5km/LというJC08モード燃費を誇る。

 エクステリアは、2015年のフランクフルトモーターショーにて世界初公開された「FRACTAL Concept」にインスパイアされたもので、フロントエンドはフルLEDの3本爪をモチーフとしたヘッドライトや下方に伸びるデイタイムランニングライトが特徴的だ。シンプルにひとつのグリルの中央にプジョーのライオンマークを配し、ボンネット先端には車名の208バッジが付く。

 e-208は、ボディに合わせて塗装されるラジエターグリルと、ライオンマークの色調が見る角度によって変化する「ダイクロイックライオン」、リアハッチのe-208バッジとCピラー部分の「e」マークが、ガソリンモデルとの違いになる。

 インテリアでは、プジョーのi-コックピットの新世代バージョンとして3次元表示となった「3D i-コックピット」が採用されている。この3D表示により、ドライバーは情報に対して約0.5秒ほど反応時間を短縮する効果があるという。

 またセンターコンソール上部には7インチのスクリーンが配置され、空調・オーディオ、ナビ、車両設定などをおこなうことができる。

 先進運転支援機能(ADAS)も充実。フラッグシップの508に搭載されている最新世代のアクティブセーフティブレーキやストップ&ゴー機能付きアクティブ・クルーズ・コントロール、レーンポジショニングアシスト、レーンキープアシストなど標準装備される(グレードによりオプション)。

日本仕様のプジョー新型「208」のインパネ

 e-208には136ps・260Nmを発生するモーターと、50kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載。WLTPモードで最大340kmの航続距離を実現している。

 コンセント型普通充電(200V)、ウオールボックス型普通充電(200V)の加え、CHAdeMOの急速充電に対応。急速充電の場合、約50分で80%充電が可能になる。

 またe-208はスマホのアプリを利用した「リモートコントロール」というEVならではの機能を実装する。これはスマホアプリの操作により、充電のオンオフや充電状況の確認ができる「リモートチャージング」、また遠隔で車室内のエアコンの動作予約をする「プリコンディショニング」の操作ができる。

※ ※ ※

 ボディカラーは全6色展開。このうち3コートのヴァーティゴ・ブルー、メタリックのファロ・イエロー、カラードトップコートのエリクサーレッドの3色は新色になる。

 新型208は、欧州カー・オブ・ザ・イヤー2020やレッドドットデザインアワード2020を受賞しており、すでにヨーロッパでは人気のBセグメントモデルになっている。

Gallery:プジョー復権のカギ! 新型208を画像でチェック(21枚)