ランボルギーニがスーパーヨットを作った! 「テクノマール・フォー・ランボルギーニ63」とは?

ランボルギーニがイタリアン・シー・グループとコラボして、ラグジュアリーとハイパフォーマンスを極めたスーパーリッチ向けのモーターヨットを発表した。

どこからどう見てもランボルギーニのモーターヨットとは?

 2020年6月30日、ランボルギーニはイタリアン・シー・グループと共同で、モーターヨット「テクノマール・フォー・ランボルギーニ63」を発表した。

 ランボルギーニは、創業者であるフェルッチオがまだアウトモビリ・ランボルギーニ在籍中に、自社製4リッターV型12気筒エンジンをパワーボートへ供給するビジネスを展開した歴史がある。

 当時は競技用パワーボートへエンジンのみの供給であり、パワーボートのデザインなどにランボルギーニは関わっていなかったが、今回発表されたテクノマール・フォー・ランボルギーニ63は、明らかにランボルギーニのデザインエッセンスが散りばめられている。

 テクノマール・フォー・ランボルギーニ63とは、どのようなモーターヨットなのだろうか。

ランボルギーニがイタリアン・シー・グループとコラボした、モーターヨット「テクノマール・フォー・ランボルギーニ63」

 イタリアン・シー・グループは、ラグジュアリーなエクスペリエンスを提供する超豪華ヨットのイタリアのメーカーだ。

 イタリアン・シー・グループでは、「ADMIRAL」、「テクノマール」、「NCA REFIT」という3つのブランドを有しており、テクノマーは1987年からスタートしたもっとも若いブランドで、エッジの効いたデザインが特徴だ。

 今回ランボルギーニとコラボしたブランドは、このなかのテクノマーである。かつてランボルギーニ製エンジンを搭載したストイックな競技用のパワーボートとは違い、スーパーリッチに向けたラグジュアリー志向のモーターヨットということになる。

 アウトモビリ・ランボルギーニの会長兼CEOであるステファノ・ドメニカリは次のようにコメントしている。

「もし、水上のランボルギーニをイメージするとしたら、まさしくテクノマール・フォー・ランボルギーニ63は私が思い描くビジョンと一緒です。今回のコラボレーションの成功を祝うことができて、とても嬉しく思っています」

 では、エクステリアのデザインを見てみよう。船体は高性能なシェルから作られており、最先端でありながら徹底的にスーパースポーティなシルエットになっている。

 その船体のラインは、ガンディーニがデザインした「ミウラ」や「カウンタック」のボディラインを現代的に解釈したものだ。

 ハードトップは「アヴェンタドール」のロードスターからインスピレーションを受けており、船首付近にあるボウライトは、コンセプトカーである「テルツォ・ミレニオ」や「シアンFKP37」のY字型フロントライトのオマージュである。

 リアからの眺めは、アヴェンタドールのマフラーエンドやリアアンダーディフューザーを思わせるデザインエッセンスが散りばめられている。ステップ状のフロアは、まさしくアヴェンタドールのエンジンフードのようだ。

 圧巻は、アヴェンタドールや「ウラカン」といったランボルギーニのコックピットがそのまま再現されたかような操舵室だ。インストルメントパネルは、フル液晶となっており、ナビゲーションとコントロールシステムが完全に統合されたシステムとなっている。

 舵はランボルギーニのステアリングホイールそのもので、シートもカーボンファイバーシェルのスポーツシートそのものである。

 エンジンのスタート/ストップボタンは、赤い蓋を開いてプッシュスタートするランボルギーニのボタンが使われている。ちなみにエンジンは2基搭載しているので、スタート/ストップボタンも各エンジンにひとつずつとなる。

 気になるエンジンだが、残念ながらランボルギーニ製のV12は搭載されていない。そのかわりMAN製のV型12気筒エンジン(2000ps)を搭載し、スピードは60ノット(約111km/h)に達する。

 船体のカラーや各パート(特に操舵室やキャビン)の素材やカラー、オプションなどは、ランボルギーニのアド・ペルソナムと同じようにカスタマイズすることが可能だという。

 ちなみに、テクノマール・フォー・ランボルギーニ63の名前は、ランボルギーニの創業年である1963年にちなんだものである。

* * *

 かつて、トラクターからスタートしたランボルギーニは、スーパーカーにパワーボート、そしてヘリコプターまで試作していたことがある。ヘリコプターは主に農業用として開発されていたが市販までには至らなかった。

 しかし、いまなら世界のスーパーリッチ向けに、かつてのようにすべて完全自社製作ではなく、どこかのヘリコプターメーカーとコラボしてリリースすれば、それなりの需要が見込めるかもしれない。

Gallery:【画像】ランボルギーニ・デザインのモーターヨットのディテールをチェック!(16枚)