激進化! アウディのセグメントリーダーSUV「Q5」が新型になって登場

独アウディAGは2020年6月29日、アウディのプレミアムミッドサイズSUV「Q5」をマイナーチェンジした改良新型を発表した。

欧州プレミアムミッドサイズSUVでベストセラーのQ5が大幅進化

 独アウディAGは2020年6月29日、アウディのプレミアムミッドサイズSUV「Q5」をマイナーチェンジ、改良新型を発表した。2020年秋に世界中の市場で導入される予定だ。

 ドイツにおける新型「Q5 40 TDI」の車両価格は4万8700ユーロ(日本円で約590万円)からとなっている。

アウディ改良新型「Q5」

 大きな改良点はエクステリアだ。八角形のシングルフレームグリルは、よりフラットで幅広い形状に変更され、高さを増したサイドインテークには台形をモチーフとしたデザインが採用されている。またLEDヘッドランプ上部には新しいライトシグネチャーを備えたデイタイムランニングライトが組み込まれている。

 サイドビューでは、デザインが見直されたシルインサートにより最低地上高が上がり、より軽快な印象となる。

 リアエンドでは、左右のライトクラスターをつなぐ新しいトリムエレメントと水平フィンを備えた新しいディフューザーインサート、そして世界で初めてデジタルOLEDテクノロジーを用いたリアコンビネーションライトをオプション採用している。

 OLEDは均一な光面を生成する効率的な有機発光ダイオードで、6つのセグメントで構成され、3つのタイルに分割されている。これにより、アウディのデザイナーと開発者は、同じハードウエアを使用して異なるライトデザインとシグネチャーを生み出すことができるようになった。

 インテリアでは音響フィードバック付きの新しいMMIタッチディスプレイを採用。以前センターコンソールに設置されていたロータリー/プッシュコントロールは廃止され、新型ではその場所に収納スペースが設けられている。

 アップデートが施された新型Q5の新しい制御ユニットは、先代の「MIB2」の10倍の処理能力を持つ、第3世代のモジュラーインフォテインメントプラットフォーム「MIB3」をベースにしている。

 標準仕様には、真ん中にドライバーインフォメーションシステムを備えた従来型のメーターパネルを装備。

 最上位バージョンとして、3種類の異なるグラフィックレイアウトを備えた、高解像度12.3インチディスプレイの「アウディバーチャルコックピットプラス」が用意されている。またオプションで、ヘッドアップディスプレイを装着することも可能だ。

 新型Q5には、ダッシュボードの中央に10.1インチ「MMIタッチディスプレイ」が標準装備される。このディスプレイは、フラットなメニュー構造により、非常に使いやすく、フリーテキスト機能を使用して検索することが可能で、ドライバーは文字を手で入力するか、ボイスコントロールシステムを介して入力するかを選択できる。

「Audi connectナビゲーション&インフォテインメント」を含むMMIナビゲーションプラス・インフォテインメントシステムを組み合わせると、ボイスコントロールシステムはクラウドにアクセスできるようになり、さらに高度な情報を得ることができる。

※ ※ ※

 デザインが変更された新型Q5は、全長が19mm長くなり4860mmとなっている(日本仕様は現行モデルも同じ全長)。全幅は1890mm、全高は1660mmで従来モデルと変わりがない。

 オプションとして、前後スライド可能で背もたれ角度を調整できるリアシートが用意される。このリアシートを装着した場合の荷室容量は520リッターから1520リッターとなる。

 Q5はセグメントで最軽量クラスのボディシェルを実現、さらにCd値(空気抵抗係数)はクラス最高レベルの0.30を実現している。

 欧州市場に最初に導入されるのは「Q5 40 TDI」で、204ps・400Nmを発生する2リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載する。アルミニウム製クランクケースの重さは約20kgで、以前のエンジンよりも軽量化されている。またクランクシャフトも2.5kg軽くなっている。

 マイルドハイブリッドシステム(MHEV)を搭載し、エンジンを停止した状態でコースティング(惰性走行)することが可能になっている。組み合わされるトランスミッションは7速Sトロニック、駆動方式はクワトロ(フルタイム4WD)だ。

 22km/h未満の速度でアイドリングストップ機能が作動。これにより100km走行あたり約0.3リッターの燃料消費が削減されるという。Audi Q5 40 TDIの0-100km/h加速は7.6秒で、最高速度は222km/hとなる。

 この新型Q5は、メキシコにある「サンホセ チアパス」工場で生産される。

Gallery:日本登場は2021年前半? 改良新型「Q5」を画像で見る(21枚)