ヒップなNYCのホテルレストランの定番レシピを我が家で!【トップホテル秘伝レシピ:03】

 世界のトップホテルやリゾートには、そこにしかないオリジナル料理やシグネチャーカクテルといったメニューが存在する。そんなメニューのなかから、家庭でも楽しめるレシピをセレクト。

 食通もうなる料理が、一体どんな一皿になるのか? 実際に訪れて本物の味を確かめる日を楽しみにしながら、ぜひご自宅で作ってみてはいかがだろうか。今回はニューヨークの「エースホテル ニューヨーク」にある「ブレスリン・バー&ダイニングルーム」の人気メニューを紹介しよう。

NYお洒落ホテルの人気メニューサラダはレシピとは?

 新型コロナウイルスの震源地となってしまったニューヨークは、レストランの営業が通常再開するまでにはもう少し時間がかかりそうだ。

 レストランの味が恋しくなるところだが、オーソドックスなホテルの定番レシピを家庭で作るいいチャンス。家庭での自粛生活は運動不足にもなりがちなので、野菜を十分に採れるメニューを積極的に取り入れたい。

●レシピ:アンチョビが効くシーザーサラダ

ドレッシングに新鮮なハーブをたっぷり用いたニューヨーカーに人気のシーザーサラダ。アンチョビをふんだんに使っているのが大きな特徴だ

(シェフのコメント)
「このシーザーサラダはアンチョビが脇役なのではなく、アンチョビが欠かせない存在として使用されています。また、他のシーザーサラダと異なる点は、高品質な食材を使用しているのはもちろん、新鮮なハーブをドレッシングにふんだんに取り入れているところ。また、ロメインレタスは刻まずに大きな葉をそのまま使うので、見た目にもダイナミックなシーザーサラダが完成します」

・盛り付け:4人分
・サーブ:プレート

【材料】4人分

〈ドレッシング〉
・アンチョビのフィレ:8個(オイル入り)
・皮を向いたにんにく:2片
・ディジョンマスタード:大さじ3
・シャンパンビネガー:50cc
・卵:1個
・ヒマワリ、ピーナッツ、またはグレープシードオイル:各1カップ
・すりおろしたパルメザンチーズ:適量
・パセリのみじん切り:1/2束
・スライスしたチャイブ:1/2束
・みじん切りチャービル:適量

〈サラダ〉
・ロメインヘッド:2個
・クルトン:適量
・すりおろすためのパルメザンチーズ:適量
・付け合わせ用のアンチョビの切り身:適量
・あら塩:適量

【作り方】

〈ドレッシング〉
1:アンチョビとニンニクをフードプロセッサーにかけ、ペースト状にする。
2:1にマスタードとシャンパンビネガー、卵を追加し、クリーミー状になるまで混ぜる。
3:2にヒマワリ、ピーナッツオイル、ハーブとパルメザンチーズを加え、良く混ぜる。
4:ボウルにドレッシングを入れ、冷蔵庫で冷やす。

<サラダ>
1:ロメインレタスにドレッシングをたっぷりと垂らし、レタスをマッサージするように丁寧にドレッシングを揉み込んでいく。
2:クルトンはオリーブオイルを引いてオーブンに入れ、200度で焼き上げ、フライパンに移し、黄金色になるまで焼く。
3:葉を重ねてボリュームが出るように盛り付ける。
4:クルトン、パルメザンチーズ、あら塩を加えて完成。

Gallery:【画像】おしゃれなエースホテル ニューヨークの宿泊ルームとは?(8枚)