ジープ「レネゲード」に3万円で乗れちゃう!? ジープ初の個人向けサブスク始動

FCAジャパンとジャックス及びジャックスリースは、ジープブランド初となる個人向けカーリース商品「ジープ フラット ライド」を共同開発し、2020年7月1日より全国のジープ正規ディーラーを通じて開始すると発表した。

ジープのサブスク誕生の背景とは?

 近年、クルマの所有及び用途のニーズが多様化しているのに伴い、現金購入やローン設定以外の選択肢でクルマを選ぶユーザーが増加傾向にある。

 個人向けオートリースの市場予測では、2020年度で15万6000台、2022年度には22万台後半となり、市場占有率は6%にまで上昇すると予測されている。

ジープブランド初となる個人向けカーリース商品「ジープ フラット ライド」のロゴマーク

 カーリースは、「将来にわたってかかるクルマの維持費」が、毎月支払うリース料に含まれている。これは、一般的な携帯電話契約の場合で例えると、毎月定額で支払う携帯電話の機器購入代金が車両代(メンテナンス費用を含む)に、それ以外の通話料やインターネット接続料金といった変動コストがガソリン代などに相当すると考えると分かりやすい。結果として、クルマを所有、使用するのにかかる費用が、家計簿上わかり易くなるといったメリットも想定される。

 個人向けカーリースプログラムである同サービスは、従来の現金購入やローン設定にはない、頭金無しの個人向けカーリース商品として、新たなカーライフの始まりをサポートすると共に、レネゲードとのカーライフを通じて、ユーザーのライフスタイルをより豊かで充実したものにする期待がかけられている。

Gallery:【画像】ジープ初の個人向けサブスク「ジープ フラット ライド」のイメージを画像で見る