どう選ぶ? 同時に日本上陸を果たしたメルセデス「GLA」「GLB」の違いとは

メルセデス・ベンツ日本は2020年6月25日、コンパクトSUVの新型「GLA」とニューモデルの「GLB」を同時に発表した。兄弟車でもあるこの2台の違いとはなにか。考えてみた。

6月25日に同時に日本上陸を果たしたGLAとGLB

 メルセデス・ベンツ日本は2020年6月25日、コンパクトSUVの新型「GLA」とニューモデルの「GLB」を同時に発表した。

メルセデス・ベンツ新型「GLA」(左)と「GLB」(右)

 GLAとGLBはともにメルセデス・ベンツのコンパクトモデルである「Aクラス」や「Bクラス」、「CLA」などで採用されるFFプラットフォーム「MFA」を採用しており、GLAとGLBはいわば兄弟車という位置づけにある。メルセデスSUVラインナップのなかでももっともコンパクトなSUVだ。

 そんなGLAとGLBにはどのような違いがあるのだろうか。

 まずは新型GLAを見ていこう。GLAは2014年に初代が登場、今回日本で登場したモデルは、はじめてのフルモデルチェンジを果たした2代目となる。

 対するGLBは、まったくのニューモデルとして登場。メルセデスのSUVとしては9車種目となる新型車だ。

●ボディサイズ:新型GLAよりGLBのほうが224mm長い

 新型GLAのボディサイズは、全長4410×全幅1834mm×全高1611mm、ホイールベースは2729mm(欧州仕様)。従来型GLAのサイズが全長4430×全幅1805mm×全高1505mm、ホイールベースは2700mm(日本仕様)だから、従来型と比較すると全長は20mm短く、全幅は29mm幅広く、全高は106mm高くなった。

 従来型GLAが、一般的な立体駐車場(高さ制限1550mm)にも駐車できる全高だったのに対し、新型GLAは1611mmとなったため、駐車できない立体駐車場もあるかもしれない。

 GLBのボディサイズは、全長4634mm×全幅1834mm×全高1659mm、ホイールベースは2829mm(欧州仕様)。

 GLBは、新型GLAに対して全長で224mm、ホイールベースも100mm長い。また全高も48mm高められている。

●室内空間:新型GLAは5人、GLBは3列7人乗り

メルセデス・ベンツ「GLB」は3列7人乗りだ

 GLAは従来型と同様に、オーソドックスな2列5名定員となるのに対して、GLBは3列7人乗りを実現している。

 欧州ではGLBのサードシートはオプション扱いとなっているが、日本導入に際して標準装着とされた。

 GLBは全長4634mmというサイズなのにもかかわらず、この3列シートを採用したことで人気になりそうだ。もちろんサードシートを使わないときには格納することも可能で、その際の荷室容量は570リッターを確保。最大荷室容量は1805リッターとなる。

Gallery:メルセデスの最新コンパクトSUV「GLA」「GLB」を画像で見る(13枚)