iPhoneが車の鍵へ iOS14新機能「デジタルキー」採用でエンジン始動もスマホでOKに

米アップルは2020年6月22日、世界開発者会議「WWDC2020」をオンライン開催した。新しいiPhone用のiOSや次期型macOSに関する発表などがされたが、注目はiPhoneをデジタルキーとするシステムを導入すると発表したことだ。

iPhoneをドアハンドルに近づけるだけでロックが解除、スタートできる

 米アップルは2020年6月22日、世界開発者会議「WWDC2020」をオンライン開催した。そのなかでiPhone用の新OS(iOS 14)やmacOSの発表などがおこなわれたが、注目は、iPhoneがクルマのデジタルキーになる技術を導入したという発表だ。

iPhoneがクルマのデジタルキーになる! まず対応するのはBMW「5シリーズ」から

 これは新OS「iOS 14」に搭載される新しい機能で、iPhoneのNFC(近距離無線通信規格)を使い、キーを持っていなくてもドアロックを解除し、始動することができるようになる。

 この機能に最初に対応するのは、2020年夏に北米で発売される予定の2021年製BMW「5シリーズ」。WWDC2020では、駐車場でこの機能のデモンストレーションをおこなう映像が流れた。

 その様子を見てみると、5シリーズのドアハンドルにiPhoneを近づけるとドアロックが解除される。シートに座り、センターコンソールにある充電パッドにiPhoneを置いたあと、エンジンスタートボタンを押すとエンジンが起動する。

 また仮にiPhoneを紛失しても、iCloud経由で無効にすることもできるため、セキュリティにも配慮されているという。

 さらに、クルマを共有することも今までの鍵よりも簡単で、ディーラーに行ってスペアキーを作る必要はなくなる。どこにいても、オーナーは最大5人までのiPhoneユーザーに対して、iMessageを送るだけでクルマを貸し出すことが可能。またそのデジタルキーを無効にしたり、制限をかけることも簡単にできる。

 たとえば若いドライバーに貸し出す際には、最高速度や馬力、ラジオの最大音量などを制限する設定が可能な「カー・アクセス・オプション」も用意されているという。

 今後はBMW5シリーズだけではなく、業界の標準になるよう取り組んでいるそうだ。このデジタルキーの仕組みは、現行のiOS i3でも使えるようになるという。アップルウォッチも互換性がある。

 アップルは「自動車のキーは100年以上存在し、大きくなるばかりでいまは考え直す時期だ」とコメントしている。

 BMWはこのiPhone用デジタルキーを、45カ国で利用可能にすると発表している。今後対応するモデルは、1/2/3/4/5/6/8各シリーズ、X5/X6、X7/X5M/X6M/Z4で、2020年7月1日以降に製造されるモデルが対象になる。

※ ※ ※

 そのほか、WWDC2020では自動車向け「CarPlay(カープレイ)」のアップデートも発表された。カープレイは、アメリカでは97%の新車で使用可能、ワールドワイドでは約80%の新車に標準装備されているという。

 今後導入予定の「iOS 14」の新しいカープレイでは、新しい壁紙を追加。また新しいカテゴリーのアプリケーションにも対応、駐車場や充電スタンド、食事の注文などが可能になっている。

 また、アップルとBMWは、カープレイのユーザーがBMWの電気自動車をつかって、いつどこで充電するかを自動的に考慮することで、これまで以上に長距離移動ができるようになる新機能を発表した。

 ドライバーはカープレイで目的地を入力するだけで、アップルMapsが走行可能距離と途中の充電ステーションの位置をもとに、最適なルートを選択するというもの。この機能は2021年に欧米で発売される予定のフルEV、BMW「i4」で初めて利用できるようになるという。

Gallery:スマホがクルマのカギ代わり! 画像でチェック(9枚)