新型レクサス「IS」世界初公開で注目のセダン戦線 ライバル車と比べてみた

2020年6月16日にレクサスのDセグメントセダン「IS」の改良新型が世界初公開された。日本での発売は2020年秋を予定しているが、Dセグメントセダンと呼ばれるこのカテゴリーには人気のドイツ・プレミアムブランドのモデルが揃う。新型ISとライバルを比べてみた。

走りを磨いたものの基本スペックには大きな変化なしか?

 2020年6月16日にレクサスISの新型モデルが発表された。

レクサス新型「IS」

 その内容は、エクステリア・デザインを一新し、走りのポテンシャルの大幅向上、先進運転支援システムの拡充といった、いわゆるビッグマイナーチェンジと呼べるものだった。

 一方で、パワートレインは従来どおりの3種類と発表されたように、基本となる部分の大きな変化はなかった。まだ車両価格は発表されていないが、それほど大きな変化はないと予想できる。

 そうした基本情報をもとに新型レクサスISと、ライバルとの比較をおこなってみたい。

●BMW「3シリーズ」vs新型レクサス「IS」
BMW3シリーズにはパフォーマンス面でレクサスISが勝る

BMW「3シリーズ」セダン

 新型レクサスISの売りは、トヨタが「レクサス・ドライビング・シグネチャー」と呼ぶように、スポーティな走りの楽しさだ。そうした走りの楽しさでライバル筆頭となるのがBMW「3シリーズ」だろう。

 サイズ的にいえば、新型レクサスISの全長4710×全幅1840×全高1435mmに対して、BMW3シリーズは全長4715×全幅1825×全高1440mmと、ほとんど変わらない。

 新型レクサスISには、直列4気筒2リッターターボ、直列4気筒2.5リッター・ハイブリッド、V6・3.5リッターの3つのパワートレインが搭載される。これは、BMW3シリーズでいえば、BMW320i(直列4気筒2リッターターボ/184馬力/461万円)、BMW320d xDrive(直列4気筒2リッターディーゼル/190馬力/573~649万円)、BMW 330i M Sport(直列4気筒2リッターターボ/258馬力/647万円)に相当する。

 新型レクサスISのエンジン・スペックと価格を旧型モデルと同等と見て比較すると、面白いことがわかる。

 直列4気筒2リッターターボは「IS300」で245馬力/約480万円から。2.5リッターのハイブリッドは「IS300h」で220馬力/約526万円から(4WD約567万円から)。3.5リッターV型6気筒は「IS350」で318馬力(新型ISは311馬力)/約574万からとなる。

 BMW3シリーズとレクサスISのスペックを比べると、すべてのパワートレインでISの方がパワフルなのだ。また、今回のビッグマイナーチェンジで、ハンドリング面も大幅に向上したという。フィーリング面でどれだけBMW3シリーズと勝負できるかがカギだろう。

Gallery:新型ISとガチ対決! ドイツ車ライバルを画像で見る(31枚)