見た目フツー、踏んだらスゴイ! ABTチューニングのアウディ「S8」とは?

アウディのサポートを受けながらワークス体制でフォーミュラEに参戦しているABT(アプト)が、アウディ「S8」をチューニング。見た目控えめのABTチューニングの真髄とは。

モータースポーツの技術がフィードバックされたABTチューン

 アウディ、そしてVWのカスタマーにとって、チューニングメーカー「ABT=アプト」の名前はとりわけ有名なところだろう。

 ABTが、その存在を世界的に有名にしている理由は、アウディのサポートを受けながら、積極的にモータースポーツに参戦している点にある。2014年−2015年シリーズからフォーミュラEへの挑戦を開始すると、2017年−2018年シーズンには早くもワークス体制へと昇格。そして2018年−2019年シーズンにはチームランキングで年間2位を獲得するに至っている。

フロントグリルがシングルフレームグリルにデザインされ、ミラーやメッキパーツがボディと同色化された、ABTが手掛けたS8

 日本でも、プライベートチームへのABTの活躍はモータースポーツ・ファンならば誰もが知るところである。そして、その技術力の高さが、ロードカーのチューニングに生かされていることは、紛れもない事実なのである。

 ドイツに本社を置く、ABTのロードカー・チューニング部門は、正確にはABTスポーツラインと呼ばれる。その洗練されたデザインは、年齢や性別を問わず高く支持されており、いわゆるチューニングカーに独特な凄みを感じさせないのも大きな魅力だ。

 実際に今回発表されたアウディ「S8」のエクステリアを見てみよう。ブラックのエクステリアカラーが選択されたS8だが、オリジナルとの違いはほとんど見つけることができない。

 フロントグリルがシングルフレームグリルにデザインされていることや、ミラーやメッキパーツがボディと同色化されている点、リアにコンパクトなカーボン製のスポイラーが装着されていることなどが、わずかに違いとして見つけられる部分といえるだろうか。

 前後のホイールは「ABT Type GR」と「ABT Type FR」が、20インチ径で用意されているが、近くクラッシックな5スポークが21インチ径でデビューする予定となっている。

Gallery:【画像】上品なチューニングのお手本、ABTのS8を見る(11枚)