シャープなガンダム顔に変更 BMWの高性能セダン 改良新型「M5」登場

独BMW M社(M GmbH)は2020年6月17日、高性能セダンの改良新型「M5」と「M5コンペティション」を発表した。

ドイツ価格は12万900ユーロ(約1550万円)から

 独BMW M社(M GmbH)は2020年6月17日、高性能セダンの改良新型「M5」と「M5コンペティション」を発表した。ドイツでの車両価格は、M5が12万900ユーロ(約1550万円)から、M5コンペティションが12万9900ユーロ(約1560万円)からとなっている。

BMW新型「M5コンペティション」

 新型M5は、2020年5月27日にドイツ本国で発表された改良新型「5シリーズ」と同様、新しくデザインされたキドニーグリルを搭載。また新デザインのLEDヘッドライトを採用、フロントデザインは大きく変更されている。

 またLEDリアコンビネーションランプも立体的なデザインに変更。さらに「M8」でおなじみの20インチMダブルスポークホイールがオプションとして選択できるようになった。

 室内は12.3インチの大型センターディスプレイを採用。センターコンソールには「M」モードボタンが備えられ、「ROAD」「SPORT」の設定を素早く切り替えることが可能になっている。M5コンペティションには、さらにサーキット走行モードとして「TRACK」も設定される。

 M5は、600psを発生する4.4リッターV型8気筒ツインターボを搭載。現行はF90型と呼ばれる6代目モデルとなるが、歴代M5が後輪駆動(FR)だったのに対し、現行型ではじめて4輪駆動(M xDrive)が採用されている。

 ドライブロジック付き8速Mステップトロニックトランスミッション(8速AT)が組み合わされる。0-100km/h加速は3.4秒、0-200km/h加速は11.1秒というパフォーマンスを誇る。

 M5コンペティションは、M8グランクーペに採用された新しいショックアブソーバーを採用、M5よりも7mm車高が下げられている。エンジン最高出力も625psにパワーアップされ、0-100km/h加速は3.3秒、0-200km/hは10.8秒と、M5よりもさらに速いモデルとなる。

Gallery:【画像】サーキット走行も街乗りも! BMW新型「M5」をチェック(17枚)