レンタカーでも走行できる? 世界一過酷なサーキット「ニュルブルクリンク」を実際に走るには

世界のカーメーカーやタイヤメーカーが開発をおこなうことで有名なドイツのサーキットが「ニュルブルクリンク」だ。世界一過酷ともいわれるサーキットだが、PS4「グランツーリスモSPORT」でも収録されているから、バーチャル走行したことがある人も多いだろう。クルマ好きならば一度は走ってみたいニュルブルクリンク、どうやったら走行できるのだろうか。

ニュルブルクリンク走行専用のレンタカー会社がある

 村起こしと失業者対策のために、ドイツ西部の田舎に1925年から2年の工事を経て完成した「ニュルブルクリンク」は、いまから93年前、1927年6月18日にオープニングレースが開催された。

 名前の由来はニュルブルク(ニュル城)に隣接したリンク(サーキット)という意味である。

ニュルブルクリンク北コース、17kmのところにあるコーナー「Pflanzgarten 1」。走路はウネっているが、ラインは直線的に走るのがベスト

 自動車レースを開催するサーキットとしてだけでなく、カーメーカーや部品メーカーが実車試験のテストコースとして世界一過酷と云われるニュルブルクリンクのノルドシュライフェ(北コース)を選んでいることも有名である。

 大半の唐草模様のような擬装ラッピングを施した開発途上のクルマが、スクープ写真を撮られているのはここなのだ。

 ノルドシュライフェは1周20.832kmと、恒久的なレース用サーキットとしては世界一長い。基本的には4月から10月までの雪が降らないシーズンに走ることができる。カーメーカーなどがテスト走行するのはインダストリアルプール(IP)という時間帯で、ウイークデイの9時から16時すぎまで、各社混走で走る。

 一般の人が走れるのはツーリステンファルテンという時間帯。日によって異なるが、ウイークデイはIPが終わって17時-19時、土日祝日は9時から19時は、1周ごとに走行料金を払えば走ることができる。

 サーキットではあるが、基本的には一般道と同じで有料道路のような考え方だ。だから自分のクルマで走るなら保険も効く。ただし空港などで借りるレンタカーは、その約款によってニュルを走ることはできない。

 そこで観光客が走るために、現地にはニュル専用のレンタカー会社が3社ある。日本の運転免許証、国際免許証、パスポート、そしてクレジットカードがあれば走ることができる。自己責任なのでヘルメットは不要だ。

 クルマのレンタル料金は車種によって異なる。ちなみに「Rentracecar.de」のラップチケットと燃料代を含んだ4ラップの価格は以下のとおりだ。

スズキ「スイフトスポーツ」 419ユーロ
VW「ゴルフVII GTI」 469ユーロ
ルノー「メガーヌR.S.トロフィー」 529ユーロ
ポルシェ「718ケイマン」 659ユーロ
BMW「M4コンペティション」 999ユーロ
ポルシェ「718ケイマンS」 999ユーロ
ポルシェ「911GT3」 1299ユーロ
ポルシェ「911GT3 RS」 1499ユーロ
ポルシェ「911ターボS」 1499ユーロ
アウディ「R8 V10プラス」 1499ユーロ
マクラーレン「540C」 1699ユーロ

 1ユーロが120円として計算すると、スイフトスポーツが約5万円、マクラーレンが約20万円である。20kmを4周だから、サーキットで80kmの距離を走ると考えると安いのかもしれない。

 この他、走行前にデポジットをクレジットカードで切っておかなくてはならない。もちろん無事故で返却すれば同額のマイナス処理をしてくれるが、これも結構な金額だ。初めて走行する人は、最初の1周はインストラクターの運転の横に乗って体験するが、その分は50ユーロが加わる。

Gallery:どう走る? ニュル北コースの攻略法をチェック(14枚)