576万円の速すぎる「ミニ」ジョン・クーパー・ワークスGPは完売御礼!!

2019年11月に発表された、ミニ史上最強のスペシャルモデル、「ミニ・ジョン・クーパー・ワークスGP(JCW GP)」。生産台数は世界で3000台、日本市場ではわずか240台しか販売されないという貴重なモデルだが、今回幸運なことに千葉県の袖ケ浦フォレストレースウェイで、その走りを体験する機会に恵まれた。

リアシートのない、走るためにだけに生まれたミニ

 ミニ「JCW GP」とはどんなクルマなのか、改めて説明すると、各世代のミニのラインナップにおけるトップパフォーマンス・バージョンである。

 エクステリアおよびインテリアにスポーティなスタイリングが施され、シャシやパワートレインも専用にチューニングされた最速モデルとなる。

日本にはわずか240台のみ販売。すでに完売となっている

 初代JCW GPは、2006年に3ドア(R50)のメーカーオプションとして用意された「ミニ・クーパーS with JCW GP kit」で、世界限定2000台、日本市場では160台が販売された。

 エンジンは、「クーパーS」のスーパーチャージャー付き1.6リッター直列4気筒に吸排気の改良が施され、クーパーSを48psと30Nm上回る218psと250Nmまで引き上げられていた。

 2代目は、2012年に同じく3ドア(R56)をベースにしたコンプリートモデルとして登場。生産台数は初代と同じく世界2000台限定で、日本にはその1割となる200台が上陸している。

 エンジンはクーパーSと同じ1.6リッター直列4気筒ターボだが、専用チューンによりベースユニットを44psと20Nm上回る最高出力218ps、最大トルク260Nm(オーバーブースト時には280Nm)という性能を実現。初代と同様に6速MTが組み合わされて、0−100km/h加速は6.2秒と、初代から0.3秒も短縮している。

 そして今回登場した3代目は、過去2世代よりも、さらにスペシャルなモディファイが施された、ミニの市販モデルとして類を見ない過激なモデルとなっている。

 エクステリアは、前後バンパーが専用デザインとなっているほか、フローティングマウントされたリサイクルカーボン製の前後オーバーフェンダーや、8の字型のド派手なルーフスポイラーなどが、インパクト抜群のルックスを演出している。

 これらボディパーツは、よく見るととても複雑な造形で、見た目が派手なだけでなく、実際にエアロダイナミクスを考慮してデザインされたという。

 インテリアも、専用のスポーツシートや12時の位置にメタルのマーカーがあしらわれたレザーステアリング、3Dプリンター技術を用いて制作された、メッシュ構造の専用アルミニウム製シフトパドル、高い視認性を実現した5.5インチのデジタルメーターパネルなどが、とてもモダンでスポーティな空間を演出。

 また軽量化のためリアシートは省略され、代わりにレッドに塗装されたスチール製のロード・プロテクション・バーが装着されている。

Gallery:【画像】ド派手はエクステリアは伊達じゃない! ミニJCW GPのディテールチェック!(20枚)