印象がかなり変わった! フォルクスワーゲンの新しい「VW」ロゴを日本導入

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2020年6月15日、新しいフォルクスワーゲンのブランドデザインとロゴを日本市場で展開すると発表した。

よりフラットで2次元デザインに生まれ変わった

 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2020年6月15日、新しいフォルクスワーゲンのブランドデザインとロゴを日本市場で展開すると発表した。

2019年のIAAで初披露されたVW新型ロゴ。日本未導入の新型EV「ID.3」には、新しいロゴが使われている

 まず公式ウェブサイトを含むオウンドメディアを皮切りに、すべてのコミュニケーションツールはこの新しいブランドデザインに順次変更されていく。今回の刷新は、フォルクスワーゲンのグローバルな方針に則り、環境への負荷も考慮し段階的に実施されるもので、全国のVWディーラーでも今後順次採用される。

 2019年のフランクフルトモーターショー(IAA)で初披露された新しいブランドデザインとロゴは、「ニュー・フォルクスワーゲン」の幕開けを意味するという。電動化や完全なコネクテッド化、ニュートラルなカーボンバランスの未来を目指しているフォルクスワーゲンだが、いまの時代にふさわしい全方位のリアルなブランド体験を創出していく。

 この新しいブランドデザインの基本戦略はインハウスで、フォルクスワーゲン・デザインおよびマーケティング部門の共同チームによって構築されたという。

 今回のプロジェクトを遂行するために開発した「パワーハウスコンセプト」を採用し、このデザインをわずか9カ月という記録的な短期間で誕生させた。ベルリンの中心部にある「パワーハウス」が拠点となり、合計19の社内チームと17の外部の代理店がこのプロジェクトに参加した。

 よりシンプルで明確なグラフィックに生まれ変わった新ロゴは、ムダをそぎ落し、より柔軟に使えるように設計されたフラットな二次元ロゴで、さまざまなデジタルメディアにもマッチし、より明確に認識できるようになる。

 これまでのロゴはブルーとホワイトの組み合わせのみだったのに対し、新ロゴにはブルーの新たなトーンが追加され、さらにほかのカラーバリエーションも認められている。

 ニューブランドデザインの策定において重要な役割を果たしたフォルクスワーゲンのチーフデザイナー、クラウス・ビショフ氏は、「e-モビリティをエモーショナルに表現するために、ニューブランドデザインを使った、新たなコミュニケーションプラットフォームを作成しました。“デジタル・ファースト” と “フィルター(加工)なし” をモットーに、未来のフォルクスワーゲンを表現しようとしたのです」とコメントしている。

Gallery:【画像】結構クール! VW新ロゴを画像で見る(13枚)