ポルシェ「カイエンGTS」が、V8に戻ってラインナップ!

ポルシェジャパンは、新型「カイエンGTS」と新型「カイエンGTSクーペ」の予約受付を2020年6月12日(金)より開始した。

カイエンターボ用に開発したV8エンジンをGTSにも搭載!

 ポルシェのGTSモデルでは、その性格上、パワートレインがとくに重要な役割を果たしている。先代「カイエンGTS」には3.6リッターV6ツインターボエンジンが搭載されていたが、新型では再びV8エンジンが採用されることになった。

V8エンジンに戻ったポルシェ・カイエンGTS

 最高出力460ps、最大トルク620Nmを発生する4リッターツインターボエンジンは、あらゆる面でパフォーマンスが大幅に向上している。

 スポーツクロノパッケージを装備した新型カイエンGTSは、0-100km/h加速4.5秒、最高速度270km/hをマークする。

 ローダウンされたパフォーマンス志向のシャシ、独自のデザインおよび強化された装備が、新しいGTSのパッケージを高い完成度に仕立て上げている。

●V8エンジンおよび新型スポーツエグゾーストシステム

 新型カイエンGTSは、フラッグシップモデルである「カイエンターボ」のために開発された4リッターV8ツインターボエンジンを搭載しており、先代モデルと比較すると最高出力が20ps、最大トルクが20Nm向上している。

 スポーツクロノパッケージを装備した場合、先代モデルに比べ、0-100km/h加速のタイムが0.6秒短縮されるほか、最高速度も8km/hアップ。

 また、最適化されたオートマチックトランスミッションの8速ティプトロニックS、アダプティブシリンダーコントロール、センターインジェクション方式のガソリンダイレクトインジェクション、およびインテリジェント設計のサーマルマネージメントシステムなどにより、省燃費などの効率も考慮されている。

 カイエンGTSのNEDC複合サイクルの燃費は、8.8−8.9km/L。カイエンGTSクーペもすべての点において同じレベルのパフォーマンスを誇る。

 標準装備されるエグゾーストシステムはテールパイプを車体リアの左右に配し、個性豊かでスポーティなサウンドを奏でる。高周波チューニングされたスポーツエグゾーストシステムは、新たに開発されたものだ。

 中央に配置される2本のオバールテールパイプは、カイエンGTSクーペのみに装備。将来的にはカイエンターボクーペにも展開される予定で、それぞれオプションのライトウェイトスポーツパッケージとの組み合わせでの提供となる。

Gallery:【画像】V8を搭載した最新のカイエンGTS/GTSクーペを見比べる!(15枚)