「日本クラシック&エキサイティングカーラリー2020舞洲-滋賀」 6月14日開催

TOYO TIREは、地元の行政や警察と連携して交通安全啓発をおこなうイベント「日本クラシック&エキサイティングカーラリー2020(NCCR2020)舞洲-滋賀」に協賛する。

TOYO TIREが冠スポンサーを務めるラリーイベント

 TOYO TIREは、地元の行政や警察と連携して交通安全啓発をおこなうイベント「日本クラシック&エキサイティングカーラリー2020(NCCR2020)舞洲-滋賀」に協賛する。

前回の「日本クラシック&エキサイティングカーラリー(NCCR)」の様子

 2008年からはじまった「NCCR」は、クラシックカーやスポーツカーなどが出場する自動車ラリーイベントだ。

 沿道の目を惹くさまざまなクルマが交通規則を遵守してゴールを目指すことで、運転マナーの向上と安全運転の大切さを訴求していく。

 また文化遺産としてのクルマの魅力を次世代に伝えることも目的としているという。

 2020年6月14日に開催される「TOYO TIRES NCCR 2020舞洲-滋賀」では、大阪湾に浮かぶ人工島、舞洲内の「舞洲スポーツアイランド」をスタートし、大阪府、京都府を抜け、滋賀県・比叡山を臨みながら折り返し地点である「白浜荘オートキャンプ場」を目指す。

 復路は琵琶湖に沿って南下してスタート地点の舞洲に戻る、総距離約250kmの海と山と湖を楽しむルートになっている。

 コースに含まれている舞洲スポーツアイランド「空の広場」と「琵琶湖スポーツランド」では、安全に配慮しつつ競技要素を盛り込んだスペシャルステージも設けられている。

 今年はゲストとして、ラリードライバーの新井敏弘選手も参加。また新型コロナウイルス対策として参加者には除菌アルコールジェルも全員に配られるという。

Gallery:見てるだけで楽しい 自動車ラリーイベントの画像を見る(18枚)