スタイリッシュSUVクーペ、メルセデス新型「GLEクーペ」登場! 内外装のデザインを一新

メルセデス・ベンツ日本は2020年6月11日、新型「GLEクーペ」を発表し、注文受付を開始する。納車は同年6月下旬より順次予定している。

メルセデスAMG GLE 53クーペも登場

 メルセデス・ベンツ日本は2020年6月11日、新型「GLEクーペ」を発表し、注文受付を開始する。納車は同年6月下旬より順次予定している。

新型メルセデス・ベンツ「GLEクーペ」

 GLEクーペは2016年に誕生した、メルセデス・ベンツSUVの中核モデル「GLE」をベースにした、スタイリッシュでSUVらしい存在感、走行性能と利便性を備えたモデルだ。

 2代目となる新型GLEクーペは、SUVクーペとしての個性を引き継ぎながら内外装デザインを一新。最新技術と装備を搭載して生まれ変わった。

 オンロードでの高いアジリティはそのままに、室内スペースを拡大、すべての乗員が快適に過ごすことができるほか、自然対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」と最新の安全運転支援システムを備えている。

 ラインナップは、直列6気筒クリーンディーゼルエンジン搭載の「GLE 400 d 4MATIC クーペ スポーツ」、直列6気筒エンジン、ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)、48V電気システムおよび電動スーパーチャージャーを組み合わせ、さらに可変トルク配分をおこなう、パフォーマンス志向の4WDシステム「AMG 4MATIC+」を採用する「メルセデスAMG GLE 53 4MATIC+ クーペ(ISG搭載モデル)」の2グレード。

 車両価格は「GLE 400 d 4MATIC クーペ スポーツ」が1186万円、「メルセデスAMG GLE 53 4MATIC+ クーペ(ISG搭載モデル)」が1421万円となる。

※ ※ ※

 新型GLEクーペは、全長4955mm×(先代モデル比+65mm)×全幅2020mm(同+5mm)×全高1715mm(同-15mm)というボディサイズ。ホイールベースは2935mmと先代モデルと比べて20mm長いが、GLEよりも60mm短いため、スポーティなエクステリアデザインとハンドリングを両立している。

 ダッシュボードには12.3インチワイドディスプレイと12.3インチコックピットディスプレイを装備。1枚のガラスカバーで融合することで、ドアパネルまで流れるようなデザインを描いている。

 インテリアは、7名乗車のGLEと比較すると5名乗車のクーペスタイルのためにスペースは狭くなるが、先代と比較して20mmホイールベースが延長されるため、快適な室内空間を提供している。

 荷室は通常時655リッター、最大1790リッターと十分な積載性を確保。これは先代と比較して70リッター増加している。

 GLE 400 d 4MATIC クーペ スポーツは、330ps・700Nmを発生する3リッター直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「OM656」を搭載、9速ATと組み合わされる。

 標準装備の「AIRMATICサスペンション」は、4輪それぞれを電子制御する連続可変ダンピングシステムとの組み合わせで、快適な乗り心地とダイナミックな走行性能を両立する。

 メルセデスAMG GLE 53 4MATIC+ クーペは、先代比で68ps向上した435ps・520Nmを発生する直列6気筒ターボ+スーパーチャージャーの「M256」エンジンを採用。さらに21ps・250Nmを発生する電気モーター「ISG」を組み合わせ、48V電気システムにより従来のハイブリッド車のような回生ブレーキによる発電をおこない、1kWh容量のリチウムイオンバッテリーに充電する。

 組み合わされるトランスミッションは、9速ATの「AMGスピードシフトTCT」。ATにありがちな損失を低減し、軽量化も相まって燃費の大幅な向上とレスポンス向上に貢献する。またシフトダウン時の自動ブリッピング機能やレーススタート機能によってダイナミックな走りも楽しめる。

 足回りには「AMG RIDE CONTROL+エアサスペンション」をベースに、高いアジリティとニュートラルなコーナリング、最適なトラクションを実現した「AMG ACTIVE RIDE CONTROL」を採用。直進時にはしなやかな足回りによる快適な乗り心地を発揮しながら、コーナリングや車線変更時にはロールを効果的に抑制、より快適でダイナミックなドライビングを可能としている。

Gallery:オールNEW! 新型メルセデスGLEクーペを画像でチェック(14枚)