ブサかわフェラーリ発見! ロバと跳ね馬から誕生!? したプロトタイプとは

フェラーリはいつの時代でもエレガントなフォルムで魅了してきたものだが、なかにはどう贔屓目に見ても美しくないプロポーションの車両もある。今回はそうした、フェラーリらしからぬ車両(ただしプロトタイプ)を紹介しよう。

本来は表に出てこないフェラーリ実験車両車は、レア度高し!

 車名の「プロジェット(Progetto)」とは、イタリア語でプロジェクトのこと。

 一見したところでは、生産型の「360スパイダー」にハードトップを装着したスペシャルモデルのようにも映るが、その実体は「デュアルフレーム」の名が示すように、二重構造のフレームを持つムレットであった。

●プロジェット・デュアルフレーム:製作年不詳

プロジェット・デュアルフレーム(写真はムゼオ・フェラーリで撮影したもの)撮影:嵯峨赳夫

 展示車両後方の解説ボードを読んでみたら、車体をなすフレームとは別に、コックピットをもうひとつのフレームとして形成するというコンセプトのもと、「360モデナ」用をベースとするアルミモノコックに、ラバーマウントを介してF50のキャビンを組み合わせたものとのことであった。

 これは、カーボンファイバー製モノコックにエンジンを直留めしてしまったことで、市販ストラダーレ(ロードカー)ながら強烈な騒音と振動に悩まされることになったF50の教訓を生かした、壮大な実験だったとも推測されるだろう。

 ところが、重量やサイズが嵩むわりには効果もあまりなかったそうで、このデュアルフレーム構想は、早々にしてキャンセルとなってしまったようだ。

●プロジェットF150:製作年不詳

ラ・フェラーリの開発初期段階で製作されたと推測されるプロジェットF150

 フェラーリでいうところの「F150」にはふたつの意味がある。

 ひとつは、発表された直後にフォードのピックアップトラックとネーミングが被ることから「150°Italia」と改称された2011年シーズン用のF1マシンのオリジナル名。

 そして「エンツォ・フェラーリ」後継車として、2013年にデビューした市販スペチアーレ「ラ・フェラーリ」の開発コードネームである。

 こちらのF150は後者。ボードに記された「Progetto F150」の名から判断すると、ラ・フェラーリの開発初期段階で製作されたと推測されるムレットなのだが、明らかに「458イタリア」のボディを流用したと思われる車体には、V12エンジンを収めるスペースは無いように見えるなど、いささか謎の多い1台であった。

 のちに良く似た形状の偽装ノーズに、生産型ラ・フェラーリに近い意匠のボディ後半部を組み合わせた、進化型ともいうべきF150ムレットも製作されたが、こちらにはエンツォやラ・フェラーリと同じく、V12エンジンが搭載されていたことが明かされている。

 ちなみにこの時の「アウト・エ・モト・デポカ」では、フェラーリ599をベースに当時のF1由来のハイブリッドシステム「KERS」を組み込んだムレットで、2010年のジュネーヴ・ショーで発表された「599 HY-KERS」も同じ特設ステージに展示されていた。

 この2台のムレットによる実験成果を合わせて、ラ・フェラーリが完成に至ったといえるかもしれない。

Gallery:【画像】なんかちょっと違う??? ブサかわフェラーリ大集合!(17枚)