フィアット新型「500」にハッチバックが追加!! 事前予約が欧州でスタート!

2020年3月に発表されたフィアットの新型「500」は、13年ぶりの全面刷新ということと、FCAグループ初となるEV(電気自動車)ということで、非常に注目を浴びたモデルだ。ボディタイプはコンバーチブルのみであったが、このたびハッチバック仕様が公開された。

コンバーチブルに続いて、ハッチバックも登場!

 2020年6月8日、新型「500 ラ・プリマ」のコンバーチブルに続いて、「500 ラ・プリマ」のハッチバックが登場した。

欧州で事前予約がスタートしたフィアット新型「500」にハッチバック

 新型500 ラ・プリマの欧州での価格は、3万4900ユーロ(邦貨換算約424万円)で、欧州での予約受付が6月8日より開始された。

 ファーストエディションともいえる500 ラ・プリマは、パノラミックガラスサンルーフ、新型リアスポイラー、そしてクラシックなテールゲートなどが外観上の特徴となる。

 ボディカラーは専用となり、真珠のような光沢のある「オーシャングリーン」、メタリックな「ミネラルグレー」、3層塗装の「セレスティアルブルー」の3色がラインナップされている。

 また、フルLEDヘッドライト、17インチダイヤモンドカットホイール、サイドパネルにはクロームメッキのプレートがインサートされ、ダッシュボードとシートにはエコレザーシートが標準装備となっている。

 42kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載しており、航続距離はWLTPサイクルで最大199マイル(約329km)を実現。

 仮に毎日の通勤に30マイル(約48km)走行するとしたら、それに必要な電力を充電する時間は5分しかかからない。急速充電器を使用した場合は、わずか35分でバッテリーを80%まで充電可能だ。

 最高速度は150km/hで、0−100km/h加速は9.0秒。走行モードは「ノーマル」、「レンジ」、「シェルパ」の3つが用意されている。

「ノーマル」は、エンジンで走行しているかのような特性にチューニングされており、「レンジ」ではアクセルペダルだけで走行が可能となる。つまり「レンジ」では回生ブレーキが最大化されるため、航続距離も伸びる結果となるが、車両を完全に停止させるには、ブレーキペダルを踏む必要がある。

 もっとも注目なのが「シェルパ」のモードだ。このドライビングモードは、ナビゲーションシステムで設定した目的地か最寄りの充電ステーションまで、確実に到着できるようにするものだ。

 そのため、いくつかのコンポーネントをコントロールして燃料消費を最小限に抑える働きが車両側でおこなわれる。最高速度は80km/hに制限され、無駄なエネルギー消費を抑えるためのアクセルレスポンスを自動でコントロールし、エアコンやシートヒーターなども停止させるのだ(いずれもドライバーがいつでもオンにすることは可能)。

 まだ日本での導入予定や車両価格などは未定だが、日本上陸が非常に楽しみな1台であることは間違いないようだ。

Gallery:【画像】いまから待ち遠しい! フィアット新型「500」ハッチバックのディテールチェック!(37枚)