ローマは1日にして成らず、フェラーリの歴史が生んだGTカーがお披露目

「新・甘い生活」がコンセプトのフェラーリ・ローマ。その元ネタはもちろん映画『甘い生活』だが、1950-1960年代における、ローマの自由なライフスタイルを現代的に再解釈したという。そのフェラーリ・ローマが、表参道でお披露目された。

ローマが表参道にやってきた!

 2019年11月にイタリア・ローマで発表されたフェラーリ「ローマ」の展示会が、渋谷区神宮前のバツアートギャラリーにて開催された。

新しいコンセプトで生まれたフェラーリ・ローマ

 表参道駅に近いイベントスペースであるバツアートギャラリーは、緑豊かな中庭が設けられており、展示会やパーティなどのイベントが随時開催されているスポットだ。

 ファッションにも感度の高い人々が集まるエリアなので、これまでもシャネルやディオールといったブランドがイベントを開催している。

 このオシャレスポットで、フェラーリの最新モデルであるローマの展示会が催された。

 新型コロナウイルスの影響もあり、来場者とスタッフの感染リスクを低減するべく、会場には手指消毒液が設置され、スタッフはマスク着用での対応が徹底されていたのは、このご時世、当然のことだろう。

 1階では、ローマの街並みのパネルをバックにフェラーリ・ローマが展示され、2階に上がると2台のフェラーリ・ローマが深夜のローマ市街を疾走するショートムービー「La Nouva Dolce Vita」をスクリーンで鑑賞できるラウンジとなっていた。

 正規ディーラーから招待されたカスタマーたちからは、「フェラーリらしい、美しいデザイン」という声が多く聞かれ、評判は上々であった。

 フロントエンジン・リアドライブのフェラーリのGTカーは、そもそもフェラーリの歴史のなかでは王道といえる。その証拠に、「365GTB/4」ではじまったV12をリアミッドに搭載したモデルは、「F512M」で終わりを告げ、その後は「550マラネロ」からFRに戻っている。

 ローマはフロントにV8エンジンを搭載した、新時代のフェラーリといって差し支えないだろう。エクステリアのデザインは言うに及ばず、インフォテイメントやインテリアのデザインなど、ライバルを一気に突き放した感がある。

 フェラーリ・ジャパン代表取締役のフェデリコ・パストレッリ氏によると、マラネッロのファクトリーはすでに再稼働しており、ローマの日本でのデリバリーもそう遠くない日になりそうだ。

 展示されていたローマのボディカラーは、ブルー・ローマ。日本ではフェラーリといえばステレオタイプに「赤」のボディカラーが人気だが、ローマに関しては、グリージョ・イングリッドなどの「渋色」がよく似合いそうだ。

●Ferrari Roma
フェラーリ・ローマ
・車両価格(消費税込):2682万円
・全長:4656mm
・全幅:1974mm
・全高:1301mm
・ホイールベース:2670mm
・車両重量:1570kg
・エンジン形式:V型8気筒DOHCターボチャージャー
・排気量:3855cc
・エンジン配置:フロント縦置き
・駆動方式:後駆動
・変速機:8速F1デュアルクラッチ
・最高出力:620ps/5750-7500rpm
・最大トルク:760Nm/3000-5750rpm
・0-100km/h:3.4秒
・最高速度:320km/h
・公称燃費(WLTC複合):8.9km/L
・ラゲッジ容量:272リッター/345リッター
・燃料タンク容量:80リッター
・サスペンション:(前)ダブルウィッシュボーン式、(後)ダブルウィッシュボーン式
・ブレーキ:(前)Φ390mmベンチレーテッド・ディスク、(後)Φ360mmベンチレーテッド・ディスク
・タイヤ:(前)245/35ZR20、(後)285/35ZR20

Gallery:【画像】フェラーリ・ローマの甘ーいスタイリングを堪能する!(47枚)