VAGUE(ヴァーグ)

ボンドカーのお値段は、3億8000万円!!

「世界で最も有名なクルマ」と呼ばれるアストンマーティン「DB5」は、時代を超越したスタイルの代名詞となり、スポーツカーの理想像として現在でも高い人気を誇るクラシックモデルだ。

 1963年から1965年にかけて生産されたDB5の生産台数はわずか900台未満で、1964年に公開された映画『007ゴールドフィンガー』の劇中車として有名になった。

 このDB5が、当時のグローバルな製造拠点であったバッキンガムシャーのニューポート・パグネルで、わずか25台限定の復刻モデルとして生産が再開された。

  • DB5ゴールドフィンガー・コンティニュエーションは、劇中車さながらの秘密兵器が装備される。写真のレストアされたDB5の劇中車は、2019年のモントレーオークションで638万5000ドル(邦貨換算約7億円)で落札された(C)2019 Courtesy of RM Sotheby’s

 1964年の映画に登場したDB5には、映画007シリーズの製作会社であるイーオン・プロダクションズと共同で製作された、さまざまな「秘密兵器」が搭載されていた。

 今回生産されるアストンマーティン「DB5 Goldfinger Continuation(DB5ゴールドフィンガー・コンティニュエーション)」は、これらの装備が忠実に再現されている。

 アストンマーティンは、2017年に復刻モデルの「DB4 GT Continuation」を発表し、大きな成功を収めた前例がある。

 DB5ゴールドフィンガー・コンティニュエーションの価格は、275万ポンド(税抜き、邦貨換算約3億8000万円)だ。

 2019年のモントレーオークションでは、レストアされた劇中車が約7億円で落札されているので、新車で購入できるDB5ゴールドフィンガー・コンティニュエーションは、ある意味においてはバーゲンなのかもしれない。

 DB5ゴールドフィンガー・コンティニュエーションは、ディテールに至るまで細心の注意を払って生産されるために費やす時間は、実に4500時間。英国バッキンガムシャーのニューポート・パグネルにあるアストンマーティンの世界的に有名なヘリテージ部門の本社にて、組み立てはおこなわれる。

Nextツインマシンガンにスモーク発生装置まで装備した本気仕様のDB5
Gallery【画像】新車のボンドカー、アストンマーティン「DB5」が、25台限定で蘇る!(24枚)

page

RECOMMEND