スーパーカーからハイパーカーへ! ブガッティ、パガーニ、ケーニグセグが時代を変えた!!

第3次スーパーカーブームのあと、時代は「スーパーカー」から「ハイパーカー」へ。最高速度400km/h、最高出力1000馬力は当たり前の時代を切り開いたハイパーカーについて、スーパーカー大王こと山崎元裕氏が解説する。

パガーニ、ケーニグセグ……新興勢力がハイパーカーの地図を塗り替えた!

 HyperからUltimateへ。多くのブランドはニューモデルの開発にさらなる加速度を増していく。

 2010年にファーストモデルの「ゾンダ」の生産を終了していたパガーニ・アウトモビリは、新たにガルウイング・ドアを採用した「ウアイラ」を2010年に発表している。

使われているネジの1本にまで妥協されていないパガーニ・ウアイラ

 可変フラップを前後に採用し、エアロダイナミクスを追求したボディは、もちろん社長であるオラチオ・パガーニがデザインし、リアミッドに搭載されるエンジンは、メルセデスAMGから供給を受ける6リッターV型12気筒ツインターボだ。

 モノコックはカーボンとチタンを編み合わせた強靭、かつ軽量なもの。これもまたハイパーカーらしい最先端のメカニズムといえる。

 2010年にはケーニグゼグの「アゲーラ」もデビューを飾った。エンジンは自社製の5リッターV型8気筒ツインターボが搭載された。

 最高速は395km/hに達し、翌2011年には高性能版の「アゲーラR」も登場した。こちらの最高速度は、計算上440km/hを可能とする。

 このような新興勢力の動きを、黙って見ているわけにはいかなかったのだろう。いわゆる名門ブランドも、2013年を中心に続々とハイパーカーを生み出していった。

 自身で「アルティメット・シリーズ」と名乗ったマクラーレン「P1」、ポルシェのPHEVスポーツ「918スパイダー」、やはりハイブリッド・システムを搭載する「ラ フェラーリ」である。

 マクラーレン「P1」は、3.8リッターV型8気筒ツインターボエンジンにエレクトリック・モーターを組み合わせ、最高出力は737ps+179psの916psを発揮する。

 ポルシェ・918スパイダーは、4.6リッターV型8気筒をリアミッドに搭載し、さらに前後アクスルに各々エレクトリック・モーターを組み合わせ、トータルで最大887psの最高出力を発揮することが可能とされている。

 そして何より注目されたのが、フェラーリの新型スペチアーレたる、ラ フェラーリだ。

 ラ フェラーリ、すなわち「ザ・フェラーリ」とネーミングされた、2013年生まれのこのモデルには、6.2リッターのV型12気筒エンジンとエレクトリック・モーターが搭載され、トータルの最高出力は実に963psにも及んだ。

 フェラーリのブランドバリューを考えても、このラ フェラーリに勝るハイパーカーを簡単には生み出すことができないというのが実情だろう。

 もちろん世界の自動車メーカーは、現在も新たなハイパーカーの開発に向けて積極的に動いている。

 2003年、そして2013年の例が繰り返されるとするのならば、次なるスーパーカー、ハイパーカーのデビュー・ラッシュまではあと少し。もちろんその時には、エレクトリックも重要なメカニズムのひとつになっているだろう。新たなるHyperのスタンダードとは何か。今はそれを楽しみに待ちたいところだ。

Gallery:【画像】パガーニ、ケーニグセグ……、ハイパーカーをたっぷりと見比べる!(40枚)