ポルシェ初のフルEV「タイカン」日本での価格を発表 3グレードを用意

ポルシェジャパンは、ポルシェ初のフル電動スポーツカーである「タイカン」の3モデル「タイカン4S」「タイカンターボ」「タイカンターボS」の日本国内販売価格を発表した。

トップモデルは761psと怒涛のパワーを発生

 ポルシェジャパンは2020年6月5日、ポルシェ初のフル電動スポーツカーである「タイカン」の3モデル、「タイカン4S」「タイカンターボ」「タイカンターボS」の日本国内販売価格を発表した。

 車両価格は、タイカン4Sが1448万1000円(消費税込、以下同)、タイカンターボが2023万1000円、タイカンターボSが2454万1000円で、すべてモバイルチャージャーコネクト(充電器)が含まれる。

ポルシェ「タイカン」の走行シーン

 タイカンはポルシェの伝統を忠実に受け継いだスポーツカーで、2019年9月に北米・中国・ヨーロッパにて同時にワールドプレミアされている。

 ステアリングを通じて得られる安心感や安定性の高いハンドリング、快適な乗り心地などもポルシェの各モデルに共通した特徴となる。これらは高剛性かつ軽量なボディ、低重心設計、卓越したエアロダイナミクス性能などにより生み出されるものだ。

 電動化されたドライブトレインにも革新的な技術が採用されている。2基の永久磁石シンクロナスモーター、世界最高レベルの高速充電を実現する800Vの電圧システム、リアアクスル用に新開発された自動切換式2速トランスミッションは、その代表となる。

 日本仕様のタイカンには、レーンチェンジアシストやアダプティブクルーズコントロール、サラウンドビュー付パークアシストなど、他のマーケットではオプションとなる多くの装備を標準で搭載している。

 トップエンドモデルのタイカンターボSは、ローンチコントロールとの組み合わせで最大761ps・1050Nmのオーバーブーストを発生。タイカンターボは680ps・850Nm、タイカン4Sは530ps・640Nmとなる。

 0-100km/h加速は、タイカンターボSで2.8秒、タイカンターボは3.2秒、タイカン4Sは4.0秒だ。最高速度は260km/h(リミッター)、推定航続距離はタイカンターボSで330km、タイカンターボで348km、タイカン4Sで303kmとなる。

 3グレードともに、2基の電気モーターをフロントアクスルとリアアクスルに1基ずつ搭載する4輪駆動モデルとなる。

※ ※ ※

 タイカンの日本での価格が発表されたのと同時に、ポルシェジャパンは、急速充電器をはじめとする独自の充電ネットワークを日本全国で展開すると発表した。

 充電器モデルは、国内最速である最大150kW級出力のCHAdeMO規格、急速充電器の「ポルシェ・ターボチャージャー」と、自宅での利用を目的とした8kW出力の普通充電器「ポルシェ・モバイルチャージャー」の2モデル。

 ポルシェ・ターボチャージャーは先駆的技術のリーダーであるABB社と共同で開発したもので、国内でもっともパワフルな150kWの出力により、タイカンの車載バッテリーを24分で80%(走行距離300km分)まで充電することが可能になっている。またポルシェ・モバイルチャージャーでは、8kWの出力により約9時間で80%以上まで充電できる。

 ポルシェの電気自動車は、日本国内の充電基準(急速:CHAdeMO、普通:J1772)に対応しており、高速道路のSA/PAや道の駅、駐車場などの公共施設にすでに設置されている2万基を超える充電器での利用も可能になっている。

Gallery:超絶怒涛のEV! ポルシェ「タイカン」を画像で見る(10枚)