輸入車ナンバーワンブランド「ミニ」。いま一番人気のボディタイプは?

2001年から日本で展開がはじまった「MINI(ミニ)」ブランド。最初は3ドアモデルのみの扱いだったが徐々にボディラインナップを増やし、現在は3ドア/5ドア/クラブマン/クロスオーバー/コンバーチブルと揃っている。2016年から4年連続して輸入車新車登録台数でナンバーワンとなったミニだが、いま一番人気はどのモデルなのだろうか。

初代は2001年に登場 現行型は3世代目

 1994年にドイツBMW傘下となった、イギリスを発祥とする名門自動車ブランドが「MINI(ミニ)」だ。

 日本では、2001年3月2日から新生ミニの展開が始まった。すでに2016年から直近の2019年まで、輸入車登録台数ナンバーワンブランドになったほど人気となっている。

現行型MINI3ドア

 2001年に発売された初代ミニは、従来のMini(クラシック・ミニ)を再設計するべく、それまでインチサイズを用いていた方式からミリを用いたメートル方式に変更している。ボディバリエーションは、当初は3ドアモデルのみで、後年には4シーターでソフトトップを持つコンバーチブルが追加されている。

2001年に登場した初代ミニ

 エンジンは自社による供給ではなく、BMWとクライスラーの合弁会社で製造された直列4気筒1.4リッター/1.6リッター/1.6リッター+スーパーチャージャーエンジンを搭載。トランスミッションもトヨタ系列のサプライヤーから供給を受けており、5速/6速MTとCVT、6速ATを用意していた。

 2007年には2代目にフルモデルチェンジ。外観に大きな違いはないが最大のポイントはBMW製のエンジンを搭載したことだろう。デビュー当初は、直列4気筒の1.4リッター/1.6リッター/1.6リッターターボエンジンを用意した。

 2代目ミニでもっとも注目なのが、クラブドアと呼ばれる、左右非対処のドアを採用した「ミニ・クラブマン」のラインアップだろう。全長とホイールベースを伸長し、運転席側のみに観音開きのドアを追加。おかげで後部の居住性を高めただけではなく、荷室容量も3ドアと比較して100リッターも容量アップ。バックドアも観音開きとなっていた。

 この世代では、2人乗りの「ミニ・クーペ」や「ミニ・ロードスター」のほか、ミニ・シリーズ初の5ドアとなる「ミニ・クロスオーバー」も追加。さらにクロスオーバーをベースにした3ドアモデル「ミニ・ペースマン」と、豊富なボディラインナップを誇っていた。

 同モデルは、BMWミニ・シリーズとしては日本初上陸となる2リッター直列4気筒ディーゼルターボを搭載したモデルもラインアップしていた。

Gallery:人気の「ミニ」ラインナップを画像でチェック(16枚)