打倒フェラーリ! フォード「GT」の最新モデルは9000万円で落札!!

映画『フォードvsフェラーリ』で、再び世界の脚光を浴びたフォード「GT」。その最新モデルである3代目GTが、オークションに登場。フォードのアイコン的存在であるフォードGTは、現在どれくらいの価値が現在あるのだろうか。

ル・マン24時間レースでフェラーリを下した、ファードの金字塔

 2019年に公開された映画『フォードvsフェラーリ』で主役級の扱いを受け、広く知られるようになったフォード「GT」。その車高がわすかに40.5インチしかなかったことから、「GT40」とも呼ばれるこのモデルは、1960年代のモータースポーツ界において、ル・マン24時間レースを6連覇するなど、輝かしい戦績を残したモデルだった。

3代目となるフォードGTは、エアロダイナミクスを十分に考え抜かれたボディデザインとなっている

 フォードGTは、当然のことながらその後のさまざまなスーパーカーに大きな影響力を及ぼすことになる。

 大排気量エンジンをミッドシップに搭載するという点では、ランボルギーニ「ミウラ」などはその一例であるのかもしれないし、ミウラをスーパーカーの始祖とするのならば、フォードGTの存在がなければスーパーカーは世に送り出されてはいなかったといえるのかもしれない。

 そのフォードGTがフォードの創立100周年を記念して1500台リメイクされたのは2005年のことだった。

 その人気はもちろん高く、リアミッドには5.4リッターV型8気筒スーパーチャージャーエンジンが搭載され、558psの最高出力を誇った。このGTはまた世界各国でモータースポーツにも参加し、多くの勝利をフォードにもたらすことになる。それはまさに初代GTの生まれ変わりでもあったのだ。

 RMサザビーズが「Driving into Summer」オークションに出品したのは、それに続くサード・ジェネレーションのGTだ。

 デビューは2015年のNAIAS(北米国際自動車ショー)だが、実際のデリバリーは2017年を迎えてからのこと。出品車はその2017年モデルで、シリアルナンバーも「87」と比較的若い数字の車両となる。

Gallery:【画像】これぞアメリカの魂! フォードGTの美しい姿をたっぷり見る(40枚)