VAGUE(ヴァーグ)

アウディが、自社初スーパーカー「R8」をつくるまで

 アウディの「RS」ブランドからは、これまで数多くの意欲的なモデルが誕生してきたが、筆者がアウディとクワトロGmbH社の底知れぬパワーをもっとも感じさせられたクルマが、第2世代の「RS6」である。

●アウディRS6クワトロ/RS6クワトロ・アバント(2代目):2007-2010

  • アウディRS6クワトロ・アバント(2代目)

 2代目RS6は、3代目アウディ「A6」をベースにクワトロGmbHが手がけた高性能モデルで、2007年のフランクフルト・ショーにおいて世界初公開された。

 当初はアウディお得意のエステートワゴン「アバント」のみのラインナップとされたが、2008年には4ドアセダン版も追加されることになる。

 RS6/RS6アバントにおける最大のトピックであるパワーユニットは、ランボルギーニ・ガヤルドにも搭載された5リッターV10ユニットに、2基のターボチャージャーを装着した新開発エンジンであった。

 最高出力は426kW(580ps)、最大トルクは650Nmにも達し、まさしくアウディ史上空前のハイパワーモデルとなった。

 V10ユニットのクランクケースは、低圧チル鋳造工法によるアルミニウム合金製。エンジン全体の重量はわずか278kgに抑えられていた。

 また、激しい縦横加速度の中でも安定してエンジン内部を潤滑させるために、モータースポーツ直系のドライサンプ潤滑が採用されたことも、特筆に値するトピックであろう。駆動方式はもちろん、フルタイム4WD「クワトロ」のみの設定とされた。

 このスーパーメカニズムを惜しみなく投入した結果として得られた動力性能は、目覚ましいものであった。0-100km/h加速タイムはアバントで4.6秒、若干重量の軽いセダンでは4.5秒と、この時代におけるスーパーカー級のパフォーマンスを発揮したのだ。

 2代目RS6は、セダン/アバントともに2010年をもって生産を終了。

 2013年には、4リッターV型8気筒ツインターボを搭載する現行のRS6がデビューした。現行RS6は、スペック上のパワー/トルク、実質的な動力性能ともに2代目を圧倒。

 環境性能でも上回るが、自動車業界きってのテクノロジーコンシャス企業、あるいはパワーエリートとして知られるアウディがしばしば見せる、ある意味狂気じみた執念さえ感じさせる……という点については、あくまで私見ながら2代目に軍配が上がると思う。

 ガソリンエンジンの限界に挑戦したかにも見える2代目アウディRS6/RS6アバントは、アウディとクワトロGmbHの金字塔なのである。

●アウディR8クワトロ:2006

  • ハリウッド映画の劇中車にも使われたアウディR8

 古今東西のスーパーカーのなかでも、もっともクール&クレバーなキャラクターが際立つモデルのひとつであるアウディ「R8クワトロ」は、ル・マン24時間レースを制した、同名のレーシングカー直系のマスターピースだ。

「RS」の名こそ与えられていないものの、クワトロGmbH社が開発を主導した。

 アウディ史上初の市販スーパーカーとなったR8は、2003年のフランクフルト・ショーに参考出品されたコンセプトカー、「ル・マン・クワトロ」の量産バージョンとして、2006年のパリ・サロンにて正式デビューを果たした。

 ミドシップに搭載されるパワーユニットは、ショーモデルで選択されたランボルギーニ・ガヤルド用5リッターV10から少々スケールダウン。4.2リッターV8直噴NAとされたが、それでも最高出力420ps/最大トルク43.8kgmという数値は、スーパーカーと呼ぶに相応しいものだった。

 また、3500-7000rpmの広い回転域で最大トルクの90%以上を発揮しながら、リッターあたり100psを超えるハイパワーを絞り出すこのエンジンには、6速MTのほか6速2ペダルMTの「Rトロニック」も組み合わせられた。

 駆動方式はもちろんクワトロ、つまりフルタイム4WDである。このクワトロ・システムは、ビスカスカップリングを採用した当時の最新世代に進化したものであった。

 前後の駆動力配分は10:90-35:65で、前後重量配分44:56のR8に合わせて後輪優先となっている。この結果、0-100km/h加速で4.6秒、最高速度では301km/hという卓越したパフォーマンスを手に入れた。

 ヴァルター・デ・シルヴァ氏の最高傑作とも称されるスタイリッシュなボディには、押出成型アルミ材を多用する「アウディ・スペースフレーム(ASF)」を採用。ホイールベースは2650mmで、姉妹車ともいわれたランボルギーニ・ガヤルドより若干大柄となった。また、0.345という優れたCd値を実現しながらも強力なダウンフォースを発揮するという、スポーツカーとしては理想的な空力デザインを実現していた。

 2009年には「ル・マン・クワトロ」のオリジンに立ち返ってV10エンジンを搭載した「5.2FSIクワトロ」も追加設定されたのち、2016年に初のフルモデルチェンジ。現行の第二世代へと、進化を遂げることになったのだ。

Gallery【画像】アウディの高性能モデルであるRSとR8はいったいどんなクルマ?(15枚)

page

RECOMMEND