メルセデスのクーペと名のつく「CLA」と「GLC」は、どちらが賢者の選択?

モデルラインナップが充実しているメルセデス・ベンツだが、最近はクロスオーバー的な「クーペ」が増えているようだ。そこで、4ドアクーペとSUVクーペのなかから「Cクラス」の対抗馬となりうる「CLAクーペ」と「GLCクーペ」の2台を乗り比べてみることにした。

意外と大きいCLAクーペ、意外とスポーティなGLCクーペ

 まずボディサイズ。CLA 250 4 MATICクーペは全長4695mm×全幅1830mm×全高1430mm、GLC 300 4 MATICクーペは全長4730mm×全幅1930mm×全高1600mmだ。一方のC200は、全長4705mm×全幅1810mm×全高1430mmとなる。

 CLA 250 4 MATICクーペとC200は、ほぼ同サイズといっていいだろう。GLC 300 4 MATICクーペは、C200に比べ全高だけでなくひとまわり大きいサイズといえる。

メルセデス・ベンツGLC 300 4 MATICクーペは通常はFFとして機能し、場合によって後輪にトルクを分配。前後100:0から50:50の可変トルクとなる。

 通常時のラゲッジスペースを比べてみよう。CLA 250 4 MATICクーペは460リッター、GLC 300 4 MATICクーペは500リッターから1400リッターだ。C200が435リッターなので、意外と下位クラスのCLA 250 4 MATICクーペの方が25リッター広いということがわかる。

 次に車内スペースを比べてみる。シート座面から天井までの高さは、CLA 250 4 MATICクーペが前席1023mm/後席908mm、GLC 300 4 MATICクーペが前席1065mm/後席1005mmであるのに対し、C200が前席1040mm/後席940mmだ。

 これでわかることは、CLA 250 4 MATICクーペは、C200に比べてそのスタイリングを重視するために、後席のヘッドクリアランスを犠牲にしていること。クーペスタイルといえ、GLC 300 4 MATICクーペはさすがにSUVなので、後席でも余裕を持ったヘッドクリアランスを確保している。

 また室内幅は、CLA 250 4 MATICクーペが前席1457mm/後席1454mmであるのに対し、C200が前席1455mm/後席1460mmと、ほぼ変わらない。

 運転席に座ると、3車の世代の違いが明確になる。CLA 250 4 MATICクーペはインストゥルメントクラスター上方のカウルが廃止され、ワイドスクリーンディスプレイがダッシュボード上部に配置されている。

 GLC 300 4 MATICクーペとC200は、メーターパネルとインフォテイメントのディスプレイがセパレートされたひと世代前のデザインとなっている。

 エアコンのエアアウトレットのデザインも同じ円形でありながら、CLA 250 4 MATICクーペはジェットエンジンのタービンを思わせるスポーティなものを採用し、奥の部分に色のアクセントが施されていて、アフターバーナーを想起させるものとなっている。

 CLA 250 4 MATICクーペとGLC 300 4 MATICクーペの最高出力は、それぞれ224馬力と258馬力となっている。しかし、車検証上の重量は前車が1885kg、後車が2165kgであるため、馬力荷重比はともに119馬力/tと同じになる。

 ともに同じ四輪駆動だが、CLA 250 4 MATICクーペが、前後100:0から50:50の可変トルクであるのに対し、GLC 300 4 MATICクーペは前後31:69の固定トルクとなっている。ちなみにC200は前後45:55の固定トルク。

 ステアリングフィールにこだわるのなら、GLC 300 4 MATICクーペがもっともFRに近い感覚を味わうことができるだろう。

GLC 300 4 MATICクーペは前後31:69の固定トルクとなり、後輪駆動に近い感覚となる

 車両価格は、CLA 250 4 MATICクーペが534万円(消費税込、以下同様)、GLC 300 4 MATICクーペが807万円、C200が、614万円。

 クーペライクな4ドアを選ぶ最大の理由は、スタイリッシュなデザインにある。その点、CLA 250 4 MATICクーペもGLC 300 4 MATICクーペもともに最新のデザインを採用し、スポーティな印象だ。Cクラス・セダンでは飽き足らない人には、2車を選ぶ理由はそれだけでもありそうだ。

 Cクラスよりも安価にメルセデス・ベンツの最新デザインのクルマに乗りたいならば、CLA 250 4 MATICクーペはベストな選択。また、アウトドアなどに積極的に出かけるライフスタイルならば、GLC 300 4 MATICクーペは賢い選択のひとつ。

 ともにニッチな市場をターゲットにしているクルマなので、コンサバティブなCクラスとは異なり、一般道を走行していて同型車と一緒になる機会もかなり減るだろう。メルセデス・ベンツに乗りたいけれど、個性も発揮したいという方には、オススメの2台ということだ。

Gallery:【画像】メルセデス・ベンツのクーペライクな2台を写真で徹底比較!(32枚)